同僚に好かれる人が、日頃からやっていること・4選


一日の大半を過ごす会社ですが、同僚との人間関係に悩む女性も多いでしょう。そこで今回は『いつも「味方に恵まれる女(ひと)」になる方法』(有川真由美|PHP研究所)より、同僚に好かれる人が、日頃からやっていることをご紹介します。

  • 【1】「感謝」と「褒め」を大切にする

    人間関係の一番強い欲求は「認めてほしい」という感情だそう。仕事中に交わす言葉だけでなく、あいさつや昼休みの何気ない会話の中で、「ありがとう」「素晴らしいね」「あなたならできるよ」といった言葉を同僚にかけると、良い関係を築くことができると筆者は言います。また褒めたり感謝したりすれば、自分の気分もよくなってくるそうです。

  • 【2】「話す」より「聞く」

    良い人間関係を築くためには、人とうまく話さなければいけない、と考えている人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの人は「相手を知りたい」より、「自分をわかってほしい」と思っているため、聞き上手であることが重要だと筆者は語っています。自分を理解してもらうことより、相手を理解することが先。「お先にどうぞ」と一歩引いてみるだけで、人は引き寄せられてくるそうです

  • 【3】相手を否定・批判しない

    相手を批判する人はしばしば「あなたのため」と言いますが、実は否定や批判の裏側には、自分の中にコンプレックスがあり、人を傷つけ、落とすことで優位な立場に立とうとする心理が働いているそうです。一方で、心が満たされている人は、相手の選択を「ちがうなあ」と思っても、「それもあり」と尊重するはずです。たとえ意見が違っていても相手を正そうとせず、肯定した方が良いと筆者は解説しています。

  • 【4】マイナスの言葉は使わない

    人間関係は、相手に悪意や敵対心などのマイナスの感情を持たなければ、それほど悪いことにはならないだろうと筆者は述べています。また、感情は言葉との矛盾をなくそうと働く自動制御システムになっているため、感情が変われば言葉が変わるのではなく、言葉が変われば感情が変わるとのことです。仕事中だけでなく、普段からプラスの言葉を使うようにしましょう。

味方が多ければ、仕事もスムーズに進むことでしょう。ほんの少し考え方やクセを直すだけで、今より数段快適な社会人ライフを過ごすことができるかもしれません。
Photo:All images by iStock


<関連サイト>
『いつも「味方に恵まれる女(ひと)」になる方法』(有川真由美|PHP研究所)