デートのお断りメールで、男性が「また誘ってみよう!」と前向きな気持ちになる返事9パターン


男性からのお誘いメールが来ても、都合が悪いときもあることでしょう。では、どのように返事をすれば、男性はまた誘いたくなるのでしょうか。そこで今回は、スゴレン男性読者へのアンケートを参考に「デートのお断りメールで、男性が『また誘ってみよう!』と前向きな気持ちになる返事9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「また誘って!」と理由の最後に添えられていたとき

    「この一言があると、可能性がある限りチャレンジするかも」(30代男性)と、意欲が出るようです。ただし、社交辞令とも思われる可能性もあるので、「またぜひ誘ってください、楽しみにしています」など、本気で誘ってほしい気持ちを伝えると男性もうれしく思うでしょう。

  • 【2】「○曜日なら、空いてるよ」などと、別の日を提案してくるとき

    「また誘ってほしい時期がわかると、社交辞令ではないと思える」(20代男性)と、次に誘うタイミングがわかりやすいので、またメールする気になるようです。具体的な日にちがあげられない場合でも、「○日以降なら、わりと空いてます」など、おおよその時期を提案するといいかもしれません。

  • 【3】「同期の集まりがあるんだ」と具体的な理由を添えて断られたとき

    「たまたま用事と重なってしまっただけだと思える」(20代男性)というように、ほかの日なら誘いにのってくれる可能性はありそうと希望が持てるようです。断る理由を伝えても支障のない場合は、具体的に言うと男性も安心して次の機会に誘いやすくなるでしょう。

  • 【4】「今、お金がピンチなの…」と金欠を訴えられたとき

    「今度は『おごりで』という気になる」(20代男性)と、男性自身がお金を出せばチャンスがあると思うようです。ただし、「給料日前で」などの理由がないと、お金の管理ができていない女性、おごらせようとしている腹黒い女性などと悪印象になるかもしれないので注意してください。

  • 【5】「その日はどうしてもダメなの!」と、とにかく残念そうな様子が伝わるとき

    「残念そうに言ってくれるとうれしい」(20代男性)と、悔しそうな女性を想像し、胸キュンする男性もいるようです。気になる男性からのお誘いの返事には、クールに装うよりも、「本当に残念!」と感情をストレートに表現したほうがいいかもしれません。

  • 【6】「次は、絶対に行きたい!」と、次回のチャンスをほしがっているとき

    「行きたいという気持ちが伝わってくれば、次も誘いやすい」(30代男性)というように、自信を持つ男性が多数いました。「今度は行けるといいなー」と次の誘いを楽しみにしている一言も効果があるようです。

  • 【7】「せっかく誘ってくれたのにゴメンね…」と申し訳なさが伝わるとき

    「自分のことを嫌ってはなさそうと感じる」(20代男性)と、謝られるとホッとするという声もありました。「その日は無理」や「ゴメン、行けない」とそっけなく断るのではなく、「本当にゴメンなさい!」、「行けなくて申し訳ないです…」などと、本気で謝っている様子が伝わるように返事をするといいでしょう。

  • 【8】「また、都合のいい日があったらメールちょうだい。待ってるね」と、次の誘いを待ち遠しそうにされたとき

    「『待ってる』と言われると、また誘わないと!という気になる」(20代男性)と、胸が高鳴るようです。「次のお誘いを待ってるね」など、健気さをアピールすると、男性も「次ならOKしてくれるかも」と期待を持って、また誘ってくれるかもしれません。

  • 【9】「今度、〇〇とか行ってみたいなー」と、デートプランを提案してくれたとき

    「自分と遊びに行きたいと思ってくれているんだなと思う」(20代男性)と、デートをしたがっていると伝わるようです。せっかくの気になる男性からの誘いに、断らざるを得ない事情があるときは、自分から「今度一緒に○○行きたい」とお願いしてみると、男性も次の機会を設けてくれるかもしれません。

ほかにも、断ったけれど、男性から「また誘うね」と言ってくれた返事メールがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock