イケてるふりは嘘なんです…「ガッカリな本当の俺」9パターン


わざわざ「イケてる感じ」を装う男性ほど、決定的な弱みを持っているもの。付き合ってから後悔したくなければ、早い段階で「本性」を知っておきたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性149名に聞いたアンケートを参考に「イケてるふりは嘘なんです…『ガッカリな本当の俺』」をご紹介いたします。

  • 【1】偉そうに愛を語っているが、デートの経験すらない

    「女の子の恋バナを聞いて説教したりするけど、実は自分に彼女がいたことはないです(苦笑)」(10代男性)というように、恋愛経験豊富に見せるために、あえて上から目線を装うパターンです。過去の恋愛について「元カノに何て呼ばれてたの?」などと質問攻めにすると、ボロが出てきそうです。

  • 【2】デキる男を演じているが、会社では叱られてばかりいる

    「上場企業で働いているけど、ダメすぎて同期よりボーナスも少ない」(20代男性)というように、エリートを気取っている男性が、会社では落ちこぼれ扱いされている場合もあります。社名や会社規模を誇らしげに語るタイプの人は、「そこに所属している」ということが唯一のプライドなのだと疑ってもいいかもしれません。

  • 【3】キレイ好きを装っているが、かなりの汚部屋に住んでいる

    「身なりはピシッとしているけれど、部屋は見せられません」(20代男性)というように、清潔そうに取り繕っているだけで、見えないところはぐちゃぐちゃというケースです。カバンの中や机の中を観察すると、本当のキレイ好きかそうでないかが判断できそうです。

  • 【4】自称オラオラ系だが、ジェットコースターに乗れない

    「ゴキブリとかも気絶しそうなくらい苦手(笑)」(20代男性)というように、男臭い俺様キャラを演じておきながら、実は超小心者という男性もいるようです。昔の悪事を「武勇伝」として語りたがる人は、もしかしたら本当は弱くて繊細なのかもしれません。

  • 【5】恋人は切らさないと豪語しているが、出会い系以外で女性と知り合ったことがない

    「オンラインゲームだけでモテモテ…」(20代男性)というように、「モテる」といってもネットがきっかけの恋愛ばかりで、リアルで女性と出会ったことがないというパターンです。モテ自慢をはじめた相手には「どうやったらそんなに出会えるの?」と突っ込んでしまいましょう。

  • 【6】グルメを気取っているが、ソウルフードは牛丼である

    「おいしいものを知ってるほうがモテそうだから、普通の味にケチつけてるだけ」(20代男性)というように、舌が安い「自称グルメ」の男性も少なくないようです。「普段はどんなものを食べるの?」「得意料理はなに?」などと問い詰めると、めっきがはがれるかもしれません。

  • 【7】腕っ節の強さを自慢しているが、小柄な相手にケンカで負けたことがある

    「生意気だからと締めようとして、逆に締められた」(10代男性)というように、腕力がありそうなのは見せかけだけで、実力が伴わない男性もいます。そもそも、暴力をウリにするような男性の言葉に、聞く耳を持つ必要はないでしょう。

  • 【8】留学歴を売りにしているが、日本語しか話せない

    「本当は1カ月の短期留学だったので…」(20代男性)というように、海外帰りを演じているが外国語はさっぱりというパターンです。国際派を気取る男性には、「ちょっと何か話してみてよー」と無邪気にリクエストしてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】羽振りのよさを見せつけているが、金回りがいいのは親が金持ちだからである

    「実家暮らしだから給料は全部小遣いなんですよね」(20代男性)というように、両親に依存することで高給取りを装う男性もいます。「どうしたらそんなにもらえるの?」と普段の仕事ぶりを尋ねると、実態が見えてくるかもしれません。

自分を大きく見せようとする男性ほど、隠し事があると考えてよさそうです。反対に謙虚な男性こそ、実はすごい能力・魅力を秘めているのかもしれません。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計149名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock