「彼氏ほしさに必死すぎ!」と女友達をドン引きさせる行動9パターン


恋人づくりに必死すぎると、よけいに恋が遠のいてしまうもの。本人は気づかなくても、冷静な女友達に「ガツガツしすぎ」と思われているケースもあるようです。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者のみなさんに女友達のどんな行動を見たとき、「彼氏ほしさに必死すぎ!」と感じるのか教えてもらいました。

  • 【1】会うたびに「いいオトコ紹介して!」と言う。

    「紹介したくなる女性になってから言って」(20代女性)のように、「オトコを紹介して」と言われすぎると、よけいに紹介するのが嫌になってしまうようです。「紹介して」という前に、女友達が「こんなかわいい子に彼氏がいないなんてもったいない」と太鼓判を押される女性を目指しましょう。

  • 【2】インターネットサービスの恋人募集系コミュニティにたくさん入っている。

    「変な男につかまったらどうするの?」(10代女性)のように、ネットで出会いを求める姿を冷やかに見ている女性もいるようです。インターネット上でのやり取りではとても紳士に見えても、「実際に会ってみたら下心しか持っていない男性だった」などの危険性もあります。

  • 【3】二人で遊んでいるとき、ナンパされやすいところばかり行こうとする。

    「ナンパでいい人が見つかる可能性は低いよ」(10代女性)のように、ナンパ待ちをしたがる友達を心配する女性もいます。相手の本性が見えにくいナンパよりも、普段の生活の中で出会いを探した方が、男性の素の姿を見ることができるので安心して付き合えるでしょう。

  • 【4】合コンや飲み会の冒頭で「今、恋人いません!」と猛アピールする。

    「男性陣も『がっつきすぎ!』と思ってるよ」(20代女性)のように、飲み会開始直後に恋人募集中とアピールするのは、自分を大安売りしているのと同じようなもの。気になる男性と近づいたときコッソリ教えるくらいの方がいいかもしれません。

  • 【5】飲み会でのお酒のペースが早く、酔ったふりをして隣の男にもたれる。

    「尻軽すぎる女は彼女にしたくないでしょ」(20代女性)のように、すぐに誘惑しようとする姿が見苦しく見えるようです。お酒の力を借りずに、会話を通じて仲良くなった方が女性として大切に扱ってもらえるかもしれません。

  • 【6】男性の前だと明らかに声のトーンがあがりかわい子ぶっている。

    「ぶりっ子は男にもバレるって!」(20代女性)のように、ぶりっ子がカンに障るのは男性も一緒かもしれません。誰の前でも自然体を続ければ、いつか「本当の自分」を好きになってくれる人が現れるでしょう。

  • 【7】女友達との約束よりも合コンやオフ会など男性がいる予定を優先する。

    「女友達が減ると出会いも減るよー」(20代女性)のように、友達をなおざりにすると余計に出会いが減ってしまうかもしれません。女子会に参加したとき、「最近、全然出会いがなくて…」など控えめに彼氏がほしいことをアピールすれば、周りも親身になってくれそうです。

  • 【8】雑誌で紹介されているモテ髪やモテワンピなどを必ず取り入れる。

    「誰にモテたいかが大切」(20代女性)のように、雑誌の通りに自分をつくろっても出会いがくるとは限りません。気になる男性の女性の好みを調べるなど、気になる男性を落とすための情報を集める努力をした方がよさそうです。

  • 【9】結婚式の二次会を「出会いの場」と勘違いし、過度に着飾って参加する。

    「二次会に命をかけすぎ。浮いてるよ…」(30代女性)のように、二次会の参加者に必死さが伝わってしまうかもしれません。新郎新婦を祝う席だとわきまえて、出会いのためにガツガツしなくても、二次会のゲームなどを通じて自然と男性と仲良くなるきっかけが見つかるでしょう。

他にはどんな「『彼氏ほしさに必死すぎ!』と思われる行動」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)
Photo:All images by iStock