男子をドン引きさせるムダ毛処理って?(PR)


肌の露出が増える夏場は、ムダ毛処理がつきものでしょう。でも、せっかくのケアも方向性を間違えると、男子をギョッとさせてしまうことがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性147名に聞いたアンケートを参考に「男子をドン引きさせるおかしなムダ毛処理」をご紹介します。



【1】触るとカミソリ跡がチクチクする
「腕に触ったとき、ザラッとしてげんなり…」(20代男性)というように、カミソリで剃ると、処理後の毛が伸びてきたときに肌触りが悪いようです。面倒でもピンセットで抜くか、脱毛器などを使えば、多少毛が伸びてもチクチクする感じはしないでしょう。


【2】デリケートゾーンを完全な無毛状態にする
「前の彼氏の趣味なのかな、とか邪推しちゃう」(20代男性)というように、アンダーヘアを完璧に脱毛してしまうと、あまりのインパクトにギョッとする男性もいるでしょう。ただし、毛量が多い人が「間引き」をしたり、ビキニラインからはみ出す部分を脱毛したりするぶんには問題なさそうです。


【3】ひざ下だけなど、境界線が明らかにわかる脱毛をする
「くっきり境目があってビックリした」(10代男性)というように、「ここからは服で隠れるから」などの理由で処理をサボると、ふとした加減で処理前の部分が見えたとき、株を下げてしまうかもしれません。特に毛量の多い人は、境界線が目立ちがちなので、「処理するときは全身!」というつもりで挑んだほうがいいでしょう。


【4】剃り跡が青々として逆に目立つ
「せっかく処理しても逆効果って感じ」(10代男性)というように、毛が太い人は、カミソリ処理のせいで逆に毛穴が目立ってしまうことがあるようです。セルフ処理をする場合は、毛を溶かして取り除く「除毛剤」を検討してもいいかもしれません。


【5】1本だけ生えている白髪を大切に残す
「なんかオジサンっぽくて嫌だな。何のつもり?」(20代男性)というように、変な場所に生えた白髪や一本だけ伸びた毛を残すと、その妙なこだわりに引かれてしまうかもしれません。「福毛」などとも呼ばれますが、目立つ場所なら処理したほうが賢明でしょう。


【6】除毛剤でひどく肌荒れしている
「肌がブツブツしてて、百年の恋も冷めた」(20代男性)というように、刺激の強い除毛剤を使ったり、脱毛をしすぎたりしたせいで荒れた肌は、むしろ男性をガッカリさせてしまうようです。自分を美しく見せるためのムダ毛処理だということを念頭に置いて、肌を傷めない方法を模索してはいかがでしょうか。


【7】アンダーヘアを不自然な形に刈り込む
「超細長い長方形にドン引き」(20代男性)というように、デリケートな部分をあまりに作りこむと、「いざ」というタイミングで男性を驚かせてしまうかもしれません。大きな逆三角形や楕円形に整えたほうが、万人受けするのではないでしょうか。


[提案]悩ましいムダ毛処理・・・思い切ってプロに任せてみたら?
自分でやるにはどうしても限界があるムダ毛処理。思い切って美容脱毛No.1のミュゼプラチナムにまかせてみてはいかがでしょうか。


ミュゼプラチナム5つポイント




(1)全国187店舗に展開している
ミュゼは美容脱毛専門サロン店舗数はNo.1!<*1>自宅や職場の近くにお店があるかも。
<*1>2014年4月調査時点いずれも東京商工リサーチ調べ

(2)高い技術力をもったスタッフ
全員が正社員として入社し、入社後はすべてのスタッフが専門の指導を受け、高い技術を身につけた上でお客様を迎えます。

(3)約5割が「口コミ」で来店
約5割のお客様がお友達からのご紹介や口コミでご来店するようです。

(4)スマホでの店舗検索、予約、予約変更&キャンセルがカンタン
PC版、スマホ版共にサイトはありますが、特にスマートフォン版が便利です。お近くの店舗を検索がスイスイ!予約もカンタンにできちゃいます。

2月限定で美容脱毛が100円!ミュゼなら最初の100円だけで本当に何度でも通えちゃいます。