合コンにいる「お持ち帰り目的の男性」をかわす方法9パターン


合コンで迷惑なものといえば、タチの悪い「お持ち帰り」狙いの男性。運悪くターゲットになってしまったときに備えて、強引なアプローチをスマートにいなすテクを覚えておくと便利でしょう。そこで今回は、インターネットユーザーの独身女性436名に聞いたアンケートを参考に、「合コンにいる『お持ち帰り目的の男性』をかわす方法」をご紹介します。

  • 【1】マジメそうな別の男性と楽しげに会話して盛り上がる

    「あえて無害そうな男性と仲良くして見せつける」(20代女性)というように、ほかの男性と親しげに接することで、「お呼びじゃない」感を演出する対処法です。参加者のなかに気になる男性が見つかっていれば、その人に近づいて仲良くなってしまいましょう。

  • 【2】「門限があって父が待ってるから」と帰宅時間厳守を伝える

    「終電まで付きあう必要もなくなって、帰るのも楽ちん」(20代女性)というように、嘘も方便で「門限」を前面に押し出すと、強引男の誘いを断りやすくなるようです。それでも食い下がるようなら、「電話で父に許可をとってくれる?」とダメ押ししましょう。

  • 【3】その男性の前で「彼氏の自慢話(架空でも可)」をする

    「これでほとんどの男は諦める」(20代女性)というように、「素敵な彼氏がいる」と強調するのも効果的なようです。ただし、ほかの男性メンバーにも「彼氏がいるのか」と思われてしまうので、気になる相手がいる合コンでは避けたほうがいい手でしょう。

  • 【4】「明日の朝早いからあんまり飲めないんだ」と先に釘を刺す

    「『何時に帰る』と宣言しておけばターゲットにならずに済む」(20代女性)というように、はじめから帰宅時間を予告すれば、「お持ち帰り狙い」の対象外になるようです。ただし、ほかの女性メンバーが狙われるおそれもあるので、仲間を思うなら全員で帰宅時間を打ち合わせておくのが賢明でしょう。

  • 【5】「ちょっとトイレ」と中座し、別の男性の隣に移動する

    「とにかく近くに寄らせないことで意思表示」(20代女性)というように、強引男が隣に来たら、即座に席を移る方法もあります。無言で拒絶の意志を伝えられるので便利ですが、空気を読まずに付いてくるようなら、言葉ではっきり訴えたほうがいいでしょう。

  • 【6】「あなたと付き合ったら浮気が心配だね」とマジメな恋愛を匂わせる

    「あえて皮肉たっぷりに言うのがコツ」(20代女性)というように、「そんな軽い人だとは思わなかったな」と残念がってみせることで、下心を押しのける方法です。根がまともな男性であれば、強引なアプローチを反省してくれるかもしれません。

  • 【7】相手にガンガンお酒を勧めて、徹底的に酔わせる

    「口説くよりも『飲み』に集中してもらって、あとは男性陣にお任せ」(20代女性)というように、景気良くお酒を勧めて、気持ちよく酔わせてしまう手もあります。ただし、急性アルコール中毒の危険性があるので、イッキを強要するのは絶対にやめましょう。

  • 【8】「ガッついてるとモテないよ?」と軽薄さをたしなめる

    「ノリと勢いだけの男は大人しくなる」(20代女性)というように、「チャラ男はダサい」と冷静に批判して、浮わついている男性に冷水を浴びせる人もいます。男性が酔って勢いづく前に言っておくと、いい牽制になりそうです。

  • 【9】「今日生理だから」とあえてぶしつけな言葉をぶつける

    「動物みたいな男には効果バツグン」(20代女性)というように、あえてストレートな言葉を投げることで、強引男のヤル気を萎えさせる作戦です。スマートではないものの、「その気はない」とハッキリ伝えられるので、最後の手段として覚えておくとよいでしょう。

自分の立場や状況によっては、強引男のアプローチを直球で拒絶できないこともあります。そんなときこそ、上記のような対策を試してみる価値はあるでしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年10月30日から11月6日まで
対象:合計436名(独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock