男友達からのウザいオノロケメールへの切り返し方8パターン


彼女ができて有頂天の男友達から届いたオノロケメール。浮かれたテンションのメールに対して、どんな返信をしたらいいのか困った経験のある女性は多いと思います。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者に聞いた「男友達からのウザいオノロケメールへの切り返し方」をまとめてご紹介します。

  • 【1】最低限の礼儀として、「よかったね」とだけ返しておく

    「とりあえず『よかったね!』と返す」(10代女性)というように、さっとリアクションすることに重きを置くケースです。「どうでもいいと思っていても、一応祝福しておくのが大人のマナー」(20代女性)など、本心はともかく無難な対応だといえそうです。

  • 【2】「幸せわけてよね」と上手にやりすごす

    「『それで?』と聞き返すほど関心が持てないときは、『いいなー。幸せわけてよ』と答える」(20代女性)というように、羨望のニュアンスが含まれていれば、メールの送り主も悪い気はしないでしょう。角が立たないようにスルーするには有効な方法かもしれません。

  • 【3】「すごい!!」「マジで!?」と大げさに驚いたふりをして、相手に花を持たせる

    「多少なりとも応援してあげたい恋愛なら『すごいね!』と大げさに驚いてみせる」(20代女性)など、興奮気味に反応して相手を持ち上げるというものです。「ウザくても、一時のガマン」(20代女性)と割り切れるのなら、お祝いムードにつきあうのも悪くないでしょう。

  • 【4】「今度会ったときにいろいろ聞かせてね」と、いったん話題を打ち切る

    「交際にいたるまでの歴史を送りつけられてウンザリ」(20代女性)など、一方的な長文メールを疎ましく感じる場合もあるようです。そんなときは、「『続きはまた今度聞かせて』と切り返す」(20代女性)などとやんわり打ち切りを促すのもひとつの手です。

  • 【5】「はいはい、ごちそうさまー」と、暗にもう聞きたくないことをにおわせる

    「正直、アンタの話に興味ないし…と思ったら、『おなかいっぱい聞かせてくれてありがと! ごちそうさまー』と告げる」(20代女性)など、わざとそっけなくして本音をにおわせるパターンです。勘のいい男友達なら、このあたりで気持ちを察してくれるでしょう。

  • 【6】「おめでとー! ところで…」と、まったく関係ない用件を切り出す

    あまりにもしつこいノロケにイラッとしたら、「『ところでドラマ何観てる?』みたいに恋愛と無関係の流れに持っていく」(20代女性)など、強引に話を変えてみるのもいいでしょう。直接の会話なら気まずくても、メール上ではさらっと繰り出せそうなワザです。

  • 【7】「こっちの話も聞いてよ!」と、自分のノロケ話を送り返す

    「ノロケにはノロケで反撃」(10代女性)というのも、多く寄せられた意見です。「こっちだって誰かにノロケたい」(10代女性)、「興味のない話を送りつけられるのがどんなに迷惑なのか、思い知らせてやる」(20代女性)といった意図があれば、スッキリできそうな解決法です。

  • 【8】「男がベラベラと彼女のことを触れ回るもんじゃない!」とお説教する

    「『初キスのレポート』が書かれていたので、厳しく注意しておいた」(20代女性)など、メールの内容次第では、お説教したほうがいいこともあるようです。恋に浮かれて判断力が鈍っている相手にビシッと進言してあげるのは、友人としての務めだともいえるでしょう。

オノロケメールの内容によって、ほかにもさまざまな「切り返し方」が考えられると思います。皆さんのご意見をお待ちしています。(松田久美子)
Photo:All images by iStock