メンタリストに学ぶ!彼氏と結婚するための近道・5選


「結婚を視野に入れて付き合っている彼氏はいるけど、なかなか結婚の話にならない」という女性もいるでしょう。そこで今回は、メンタリストのDaiGoさんが結婚をテーマに書いた『ブラトレ!』(DaiGo|宝島社)より、彼氏と結婚するための近道をご紹介します。

  • 【1】尽くしすぎない

    「愛のホルモン」として注目されている「オキシトシン」。これは、女性は分泌されればされるほど相手に尽くしますが、男性は一定以上に分泌されると、逆に相手に興味をなくすそう。また、男性は付き合ったり結婚するまでに時間や費用をかけるほど、その女性に対して価値を感じるようになるため、適度にスキンシップを行いながらも、尽くしすぎないことがポイントだと筆者は言います。

  • 【2】プレッシャーをかけない

    男性はプレッシャーに弱い生き物のため、「今年中に結婚してくれなきゃ別れる」といったプレッシャーのかけ方はよくないとのこと。「この女性と人生を共にできたら楽しいだろうな」と日常生活の中で感じさせたほうが、うまくいく確率は格段に上がると筆者は語っています。また、自分から切り出す場合は、転職や海外赴任など、彼の生活が変わるタイミングで結婚の話を出すと、受け入れてもらいやすいとのことです。

  • 【3】彼の友達に紹介してもらう

    もし彼氏が付き合っていることを周りに言っていないなら、結婚をする気がないのかもしれません。もっとレベルの高い女性からの誘いがこなくなるのではないかと懸念していたり、今の彼女と付き合っていることがバレると恥ずかしいと思っている可能性があります。また、街中で彼の友達に遭遇したときに、「友達」と紹介されたら要注意だと筆者は忠告しています。

  • 【4】自分の家族・友達に会ってもらう

    自分の家族や友達に会わせることで、彼のコミュニケーション能力を測ることができます。男性は相手のテリトリーに入るのは怖いと感じているため、自分の家族や友人と食事をした時に、相手に気を使えて楽しい時間を過ごせる人は、コミュニケーション能力が高く、将来的にも安定している男性だと筆者は述べています。

  • 【5】定期的な決まり事を作る

    例えば、「毎年旅行に行く」という決まり事があるとします。その決まり事を守るためには、例えケンカをしても旅行の計画を立てなければいけません。そして話しているうちに楽しくなり、旅行が仲直りするきっかけとなります。また、決まり事は記念日に設定するというより、日常的なものの方が良く、「一緒にお風呂に入る」など、ケンカをしても守れるルールがおすすめだと筆者は言います。

周りの友達が結婚していくと、焦って判断力が落ちることもあるでしょう。しかし、結婚は一時的なものではなく、一生続くもの。「急がば回れ」という言葉があるように、しっかりと相手を見極め、長期的な視点で考えることが、幸せな結婚への近道になるのではないでしょうか。
Photo:All images by iStock


<関連サイト>
『ブラトレ!』(DaiGo|宝島社)