ヤバ!言っちゃった!男に引かれるエッチ中のセリフ9パターン


恋人や意中の男性とのエッチ中、気持ちよさのあまり、つい口を滑らしてしまい後悔した経験のある方も少なくないでしょう。男性の心の地雷をうっかり踏まないためにも、今回は20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「ヤバ!言っちゃった!男に引かれるエッチ中のセリフが判明」をご紹介します。

  • 【1】「○○君よりも大きいね!」

    「男はプライドの塊だから比較はダメ」(20代女性)というように、特にデリケートゾーンを比べるのはNGのようです。「○○君のアソコが私にはピッタリ」などオンリーワンなメッセージを伝えてあげると、より親密なエッチを楽しめるかもしれません。

  • 【2】「中に出していいよ」

    「ビッチ女に確定されちゃうよ!」(20代女性)というように、快感とその場のノリに任せた発言は、大幅な女子力ダウンとなってしまうようです。逆に「本当に好きならゴム付けてね」と言えば、貞操観念のしっかりした女子という印象を与えられるかもしれません。

  • 【3】「もうゴム外しちゃおっか!?」

    「気持ちよくなりたいだけって勘違いされる」(30代女性)というように、いくら快感指数が高いからといっても性の暴走はよくないという意見もありました。もし、エッチにエクスタシーが不足しているようならば、「長めに前戯してくれると嬉しいな」などパートナーにお願いをしてみるといいかもしれません。

  • 【4】「さっさとイってよ!」

    「男の人を確実に不快にさせちゃう言葉」(30代女性)というように、愛を確かめ合えるはずの行為中に、険悪ムードを招いてしまう場合もあるようです。どうしても早くエッチを終わらせたいのであれば、「イキそう? 早くイッてくれると、それだけ気持ちよかったってことだから嬉しい」と言い換えるといいかもしれません。

  • 【5】「トイレに行ってきてもいい?」

    「男からするとペースが乱されて嫌みたい」(30代女性)というように、お手洗いで中断することは、場の流れをぶち壊しかねないことのようです。ただし生理現象を我慢するのは体によくありませんので、一旦トイレに行き帰ってきた後、改めて口でしてあげるなどして男性を奮い立たせてあげるといいかもしれません。

  • 【6】「早く済ませてご飯行こう!?」

    「ただの食いしん坊扱いにされちゃう可能性がある」(20代女性)というように、確かにエッチはカロリーを消費する行為ですが、せめてフィニッシュ後に言うべきという意見も。「エッチの後に○○を食べに行こうね」と先に相談しておけばたとえお腹が減ったとしても多少の我慢はできるでしょう。

  • 【7】「私がイクまで前戯してほしいな」

    「自己中女のレッテルを貼られる」(20代女性)というように、一方通行な性行為は男性の心象にマイナスポイントという意見もありました。「○○君の一番感じる性感帯はどこ?」など、気軽にお互いのことを話してみるとムリのなく気持ちのいいエッチを楽しめるかもしれません。

  • 【8】「もう終わっちゃったの?」

    「男が傷つくセリフナンバーワンかも……」(20代女性)というように、女性からすると何気ない一言でも、男性には大ダメージを与えてしまうという意見も。行為の前に「焦らなくていいからね」とゆったりなペースを提案をしてあげると男性は安心する場合もあるようです。

  • 【9】「おしりの穴も責めてよ」

    「もし言うとしても、付き合いの長い信頼できる男性に限る」(20代女性)というように、うっかり口に出すと白い目で見られる場合もあるようです。まずは「私おしりを責められるのが好きなの」とオブラートに包んだリクエストからしてみると、発展に期待できるのかもしれません。

体の関係を持つとつい心も許してしまい迂闊な発言をしてしまうことも。長年付き合っている恋人同士ならまだしも、これからさらに関係性を深めたい男性相手ならば、エッチのときにこそ繊細な気遣いが必要なのではないでしょうか。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock