「遊び相手には最適」とキープ扱いされる女性の特徴9パターン


本命の彼女には至らないのに、たまに連絡が来てなんとなく会うだけの「キープ扱い」をされる女性には、いくつかの共通点があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性197名に聞いたアンケートを参考に、「『遊び相手には最適』とキープ扱いされる女性の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】基本的にノリが良く、いつも明るくテンションが高い

    「騒ぎたいときは真っ先に声を掛けるけど、真剣な話をする相手ではないかも…」(20代男性)というように、ノリがいい女性は気軽に誘いやすいものの、必ずしも「大事な存在」だとは認識されていないようです。一歩踏み込んだ関係を目指したいなら、悩み相談などを小出しにして真面目なところを見せるといいでしょう。

  • 【2】楽しいことに目がなく、遊びの企画にどんどん参加する

    「今を楽しむのも大事だけど、付き合うのは堅実な人がいい」(20代男性)というように、フットワークが軽すぎる女性は、ともすると「享楽的なタイプ」だと見なされてしまうようです。遊ぶことに貪欲であっても、資格試験やキャリアアップを目指す「努力家」の一面をアピールしたいところです。

  • 【3】お酒が大好きで、飲みの誘いは断らない

    「家が近所だと、終電を気にせず付き合ってもらえるし…」(20代男性)というように、単なる飲み仲間止まりで、それ以上の仲に発展しないケースです。お酒の席にしか誘ってくれない男性には、「たまには昼にお出掛けしない?」とこちらから提案してみましょう。

  • 【4】言葉遣いがざっくばらんで、下ネタも笑って流す度量がある

    「話が面白くても、あけっぴろげすぎると女として見られない気がします」(20代男性)など、きわどいトークも上手に切り返すことができる女性は、「楽しいけど品がない」と見なされる可能性があります。大切にされたければ「奥ゆかしさ」を忘れないようにしましょう。

  • 【5】特に美人ではないが、恋愛経験はそれなりにある

    「向こうも自分に多くを期待していないと思うので…」(20代男性)など、「大人のオンナ」を気取っていると、「自分が構ってやらなくても大丈夫だ」と勝手に判断されてしまうおそれがあります。かっこつけて本音を言えないよりも、思いの丈をぶつけられる関係のほうが健全でしょう。

  • 【6】深夜のメールにも即返信するなど、付き合いがいい

    「わがままに付き合ってくれるタイプは、中途半端な距離感でも長続きする」(20代男性)など、男性の自分勝手な行動を受け入れてしまい、振り回されるケースです。軽く扱われたくなければ、ときには毅然とした態度を見せる必要があるでしょう。

  • 【7】フットワークが軽く、当日の連絡でもデートに応じる

    「いきなり時間が空いたときにも呼び出せる暇人は貴重」(20代男性)など、基本的に呼びだしを断らないタイプは「好きなときだけ会えばいい」と尊重されなくなってしまうようです。相手ばかりに主導権を持たせず、ときには自分から会いたい日を指定しましょう。

  • 【8】「友達なら普通でしょ」と彼女がいる男性とも二人で会う

    「結局は男好きなんだと思う」(20代男性)など、相手や自分に恋人がいるときでも、配慮することなく「男友達と二人で会う」というポリシーの女性は、建前はどうあれ内心では「軽そう」と思われるようです。周囲の状況を無視した「自分流」は、多くの場合リスクも伴うと自覚しましょう。

  • 【9】ファッションやメイクが派手で、露出度が高い

    「何も考えずに遊ぶなら、やっぱり色気のあるタイプがいい」(20代男性)など、本能的に男性を惹きつける「色っぽい女性」は、真剣交際を前提とせずにキープされる傾向があるようです。男性にとって「デートして楽しい相手」と「長くそばにいたい相手」は条件が違うことは知るべきでしょう。

真剣な恋愛を望むなら、「キープ扱い」をされても良いことなどありません。本命候補になりたければ、上手に立ちまわりましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から13日まで
対象:合計197名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock