「彼女のおかげで頑張れる」と感じる入試の朝のLINE9パターン


怖いもの知らずの彼氏でも、入試当日は少なからず緊張しているもの。ここは彼女であるあなたの出番。気の利いたメッセージで、試験を成功に導いてあげたいところです。そこで今回は、10代から20代の独身男性175名に聞いたアンケートを参考に「『彼女のおかげで頑張れる』と感じる入試の朝のLINE9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「落ち着いて、マイペースでね」と安堵感を与える

    「ありきたりのメッセージだけど、逆にないと寂しい」(10代男性)というように、とにかくリラックスさせるパターンです。加えて、雰囲気に呑まれやすいタイプの彼氏なら、「焦っちゃダメだよ」と釘をさしておくとよいでしょう。

  • 【2】「応援スタンプ」でほっこりさせる

    「返信を考えるのも大変だから、スタンプくらいがちょうどいい」(20代男性)というように、あえて多くを語らず、スタンプに応援したい気持ちを込めるパターンです。ちょっとふざけたくらいのデザインのほうが、ピリピリムードを解きほぐせるでしょう。

  • 【3】「終わったらハグしてあげるね」とご褒美を用意する

    「結果なんてどうでもいいから、早く帰りたくなる(笑)」(10代男性)というように、試験終わりにデートを提案するパターンです。あまりにも弱音を吐くようだったら、逆に「ハグおあずけにするよ」などと突き放すのも良いかもしれません。

  • 【4】「今までデート我慢してきたんだから大丈夫」と自信をつけさせる

    「今までの辛抱が無駄になるから、頑張らざるをえないと目が覚めました(苦笑)」(20代男性)というように、試験のために払った犠牲を思い出させるパターンです。「あんなこともこんなことも耐えた」となるべく具体例を出してあげると闘志に火をつけられるでしょう。

  • 【5】「みんな緊張してるから同じだよ」と冷静にさせる

    「言われてみれば、みんな顔がこわばってました。それでちょっとホッとした」(10代男性)というように、まわりを見渡す余裕を与えるパターンです。「あんまり見渡しすぎてカンニングだと思われないでね(笑)」と笑いを取ってもなごんでもらえるでしょう。

  • 【6】「2人の将来に関わるんだから頑張ってよね」と脅す

    「将来を約束してる彼女だったから、身が引き締まりました」(20代男性)というように、「自分のために試験を成功させてほしい」とお願いするパターンです。結婚までは意識していなかった関係でも、ドキッとさせる効果があるかもしれません。

  • 【7】「あれ、今日って入試だったっけ?」ととぼけて笑いを取る

    「天然キャラの彼女のおかげで、ほどよく力が抜けます」(10代男性)というように、あえて的外れなリアクションを取り、試験前の力みを和らげるパターンです。ただし、普段からデリカシーのなさで怒られている場合は、徹定的にキレられる可能性があるので気を付けましょう。

  • 【8】「なにLINEとか読んでんだよ、集中集中」と気合いを入れさせる

    「おめーがメッセージ送ってきたんだろ!とツッコみたくなるけど、憎めない(笑)」(10代男性)というように、気が散っていることを指摘して、精神統一を促すパターンです。ノリで軽口を叩き合える関係なら「なにキョドってんの?」などと冗談交じりに挑発してもよいでしょう。

  • 【9】「これ読んだら電源切るの忘れないでね」とフォローを入れる

    「意外と忘れがちなので助かりました」(20代男性)というように、鋭い指摘でうっかりミスを防ぐパターンです。「受験票持った?」「30分前には会場に行くんだよ」などと口うるさいくらいに心配してあげると、愛の深さが伝わるかもしれません。

相手によって押したり引いたり対応を変えたい応援メッセージ。試験に向けて彼氏の精神状態がどのように変化しているか、細かく様子をうかがいながらLINEで励ましてあげましょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年9月9日から16日まで
対象:合計175名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock