婚約前に気付くべきだった「彼氏の残念すぎる欠点」9パターン


婚約して結婚生活の準備を始めた途端、まるで後出しジャンケンのようにパートナーの「知られざる欠点」が露呈することがあります。後悔しないためにも、彼氏が致命的な欠点を抱えていないか早い段階でチェックしておく必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「婚約前に気付くべきだった『彼氏の残念すぎる欠点』9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「付き合いだからいいだろ」と合コンに行くなど、貞操観念がユルい

    「『人付き合い』を主張して悪びれずにキャバクラに行こうとする」(20代女性)など、婚約後も彼氏がほかの女性との交流を控えないパターンです。「浮気のライン」に関する考え方は「暗黙の了解」にしておくと後々ショックを受けるので、早い段階で二人のルールを明確にしておきましょう。

  • 【2】婚約者より母親の意見を優先するなど、マザコンの疑いがある

    「母親に聞かないと式の引菓子も決められないなんて!」(20代女性)など、婚約を機に彼氏の「母親依存度」が明るみに出ることもあります。この手の男性の性格を瞬時に変えるのは難しいので、じっくり策を講じたいものです。

  • 【3】「仕事辞めてーなー」が口癖で、一家の大黒柱になる自覚がない

    「自由な生き方に惚れたけど、実際はただの無責任ヤローだった」(20代女性)など、彼氏の将来性を見誤って、経済的な不安を覚えたケースです。おだててもやる気を出さないなら、あえて専業主婦宣言をするなど、相手が働かざるを得ない状況に追い込んでしまうのもひとつの手です。

  • 【4】「誰に食わせてもらってるんだ?」と、殿様気取りでいばる

    「たいした稼ぎもないくせに偉そうにされると腹が立つ」(20代女性)など、共同生活のスタートに際して、いきなり亭主関白になる男性もいるようです。相手を立てて上手に操るのもいいですが、「最初が肝心」とばかりにガツンと鬼嫁ぶりを見せてしまうのもアリでしょう。

  • 【5】「ローンで新車買おうぜ!」と安易に浪費に走るなど、金銭感覚が甘い

    「貯金よりも物欲優先ってどうなの?」(20代女性)など、夢見がちな彼氏の散財行動に辟易させられるパターンです。身内の意見に耳を貸さないなら、ファイナンシャルプランナーに相談して、プロの視点でダメ出ししてもらいましょう。

  • 【6】「俺、子供作るつもりないから!」と、身勝手な人生設計を押し付ける

    「婚約後に『子供はいらない』と言われて、騙されたと思った」(20代女性)など、遅すぎるタイミングで価値観の相違が判明しても、面食らってしまいそうです。らちが明かないようなら、両親や仲人など信頼できる年長者に間に入ってもらいましょう。

  • 【7】「やめるくらいなら死んだほうがマシ」と、お酒やタバコを絶対にやめない

    「早死にする可能性大の欠陥品をつかまされた気分になる」(20代女性)など、生活習慣の改善に耳を貸さない彼氏に手を焼くケースです。水掛け論にならないように、まずは彼氏を人間ドックに送り込んで詳しい健康状態を把握するところから始めましょう。

  • 【8】「赤だし以外の味噌汁は認めない」など、食の許容範囲が狭い

    「いちいち手料理に文句を言われて苦痛」(20代女性)など、細かな「味覚の違い」がストレスの種になることもあるようです。日替わりでお互いが好きな味付けにするなど、ムダに言い争うよりも歩み寄る方法を探したいところです。

  • 【9】「宇宙飛行士になりたい」など、いつまでもハイレベルな夢を追いかける

    「家庭を犠牲にしてまで夢を追うのは信じられない」(20代女性)など、現実を無視する彼氏に幸せな生活を脅かされるパターンです。「30歳になったら諦める」「2年以内に結果を出す」など、早い段階で指標を示しておきましょう。

彼氏の「欠点」は、気づくのが早ければ早いほど多くの対処法が考えられそうです。婚約する前に、冷静にアラ探しする勇気が必要なのかもしれません。(浅原 聡)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から2日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock