行動から判断できる「彼女の有無の見分け方」9パターン


心がときめく男性と出会ったら、まず気になるのは「彼女の有無」。本人に直接聞くことができれば一番ですが、そうでない場合は相手の行動から見極めるしかないでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「行動から判断できる『彼女の有無の見分け方』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】日常的に彼女に触れるため「爪を短く整えている」

    「爪が伸びてる人は、女性とのスキンシップの機会ナシだと見なします」(20代女性)というように、まずは「爪」をチェックするという意見が多いようです。ただし、身だしなみにこだわる男性は日常的に爪を手入れするので、必ずしも確実な判断基準にはならないかもしれません。

  • 【2】彼女とペアかも!?「かわいいスマホケースをつけている」

    「男性の好みとは思えないスマホケースがついてたらアウト」(10代女性)というように、愛らしいキャラもののスマホケースは、彼女とお揃いでつけている可能性が高そうです。スマホケースをつけていない場合は、待ち受け画面などにも注目するといいでしょう。

  • 【3】彼女に連絡をとっているから…??「こまめに携帯をいじる」

    「こそこそやりとりしてる相手って彼女以外にいないと思います」(20代女性)というように、飲み会の真っ最中にやたらと携帯を触っている男性は、彼女を心配させないように連絡をとっているケースが多そうです。お酒の勢いを借りて、「彼女とメール?」と聞いてしまってもよさそうです。

  • 【4】休日の過ごし方を聞いたら「行き先がデートスポットばかり」

    「やたらオシャレな街に遊びに行ってたら怪しい」(20代女性)というように、世間話の流れで「休日に何してた?」と聞くと、私生活の察しがつくようです。クリスマス明けなどのカップル向けイベントのタイミングなら、より確かなことがつかめそうです。

  • 【5】自分の悩みを声高に語るより「恋愛トークで聞き役に回る」

    「彼女がいる人は、余裕がありますよね」(10代女性)というように、恋愛ライフが満たされている男性は、恋バナで盛り上がるときに自然と「聞き役」になれるようです。意中の男性がいたら、会話中の立ち回り方をじっくり観察してみましょう。

  • 【6】飲み会がどんなに盛況でも「決まった時間にサッと帰る」

    「友達との時間より優先順位の高いことがあるんだろう、と…」(20代女性)というように、特定の相手がいる男性は「飲み会は一次会で帰る」など、節度ある行動を心掛ける場合が多いようです。引き止められてもスパッと席を立つ人は、誰かを待たせている可能性が高そうです。

  • 【7】車道側を歩く、女性を奥の席に通すなど「レディーファーストが身についている」

    「ソツなくエスコートできるのは、それが習慣化している証拠」(20代女性)というように、普段女性と過ごす機会が多い男性ならではの振る舞いもあるようです。とはいえ、経験豊富な男性なら、単に女性慣れしているだけかもしれません。

  • 【8】親しくなってもアドレスを聞かないなど「女性にガツガツしていない」

    「会話は普通に盛り上がるのに、アドレスを聞いてこない人は彼女アリと予想」(20代女性)というように、ある程度仲良くなっても連絡先を交換しようとしない男性は、彼女に気を使っている可能性が高そうです。一度自分から提案して、反応を確かめてみるとよいでしょう。

  • 【9】服装や髪型の変化に素早く気付くなど、「さりげなく女性を褒める」

    「女の子への接し方を心得てると、ピンときます」(20代女性)というように、ごく自然に女性を持ち上げられる男性は、日常的に接する相手がいるのかもしれません。ただし、接客業など、仕事柄気の利く男性はいるので、一概には言えないでしょう。

いずれの見極め方も、客観的に見れば100%確実なモノではないようです。本気で気になる相手なら、勇気を出して直接聞くのが一番でしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から2日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock