新年会で「いい子だな」と男性社員の目に留まる気配り9パターン


他部署と合同で開かれることも多い新年会。女性ならではの細やかさをアピールすれば、注目してくれる男性もいるかもしれません。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性500名に聞いたアンケートを参考に「『新年会で『いい子だな』と男性社員の目に留まる気配り9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「先に分けちゃいますねー」と率先して大皿料理を取り分ける

    「自然にそういうことができる子なんだなと感心した」(20代男性)というように、まめまめしい姿に、家庭的な一面を見出してくれる男性は多そうです。取ってつけたような仕草にならないように、普段から食卓では気を利かせるように意識しましょう。

  • 【2】「○○さん、お酒控えてるんですよね?」と無茶ぶりされた先輩に助け船を出す

    「酒を無理強いしようとする上司から俺を守ってくれた!」(20代男性)など、さりげなくフォローされたことをきっかけに、女性として意識し始める男性もいます。さりげなさが重要なので、わざとらしくならないように気をつけましょう。

  • 【3】「次は何にしますか?」とグラスが空くごとに聞く

    「よく気がつく子だなと思うようになった」(20代男性)というように、お酒の進み方を見ながらタイミングよく声をかける女の子も、株を上げるようです。あまりに手際よく水割りを作ったりすると、別のバイトを疑われる可能性もあるので気をつけましょう。

  • 【4】「ここにまた料理が来ますから」と空いた皿やグラスを手早く片づける

    「きっと家の中も片づいているんだろうなと思う」(20代男性)など、せっせとテーブル上を整える様子に、家事スキルの高さを垣間見る男性も少なくないようです。たとえ家の中はぐちゃぐちゃでも、飲み会の席では片づけ上手を演じたいものです。

  • 【5】「部長、飲み過ぎですー(笑)!」と場の空気を冷やさない程度に酔っ払いをあしらう

    「危うくセクハラ騒ぎになるところを笑いに変えていた」(20代男性)というように、トラブルになりかねない事態を回避するテクニックに、男性は舌を巻くようです。物腰柔らかに対応する技を日ごろから身につけておきましょう。

  • 【6】「しばらくこれ飲んでたほうがいいですよ」と酔いが回った同僚に水を用意する

    「お蔭で悪酔いせずに済んだ」(20代男性)など、場合に応じて必要なサポートができる女の子は、とりわけ評価が高まりそうです。「俺はまだまだ飲みたいんだ」という男性には、チェイサーとして勧めると抵抗感なく受け入れてもらえるでしょう。

  • 【7】「○○さんはどうですか?」と輪に入れない人をさりげなく話題に加えてあげる

    「ポツンと座っていた人に、ごく自然に話を振ってあげていた」(20代男性)というように、飲み会全体を見渡す目配りは、気遣われた本人だけでなく、周囲もハッピーにするようです。テンションの低いテーブルを盛り上げて回ると、多くの人から一目置かれるでしょう。

  • 【8】「あの子お酒弱いからついててあげないと」と後輩を甲斐甲斐しく介抱する

    「自分はほとんど飲み食いしていないはず。今度、何かご馳走してあげたい」(20代男性)など、自分そっちのけで人の世話を焼く献身的な様子は、誰かの目に留まっているかもしれません。フォローに徹しすぎてもストレスが溜まるので、自分が楽しむことも忘れないようにしましょう。

  • 【9】「今日は私もウーロン茶にしますね」と自動車通勤の同僚に配慮する

    「『最近飲み過ぎだから休肝日にします』と相手に気を遣わせないようにしているところにグッときた」(20代男性)というように、飲みたくても飲めない人に対する態度にも、おのずと人柄がにじむものです。押しつけがましくない言い方で、上手に立ち回りたいところです。

ついはっちゃけたくなる新年会ですが、出会いのチャンスを作ることができるかもしれません。持ち前の観察眼や注意力を発揮して、新しい年に恋を見つけてみてはいかがでしょうか。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から13日まで
対象:合計500名(独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock