「元カノと来た?」と感じるクリスマスデートの行き先9パターン


女の勘は鋭いもの。ラブラブなクリスマスデートの最中でも、不穏なニオイが少しでもあれば、レーダーが反応する人は多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性230名に聞いたアンケートを参考に「『元カノと来た?』と感じるクリスマスデートの行き先」をご紹介します。

  • 【1】珍しいメニューのオーダーにまったく迷いがない「フレンチレストラン」

    「高級店で堂々と注文してるとすぐにわかる」(20代女性)というように、たまにしか行かない類の店でのオーダーでは、「慣れ」「不慣れ」が露見しやすいようです。確認するのは野暮ですが、「接待で来たりするの?」と逃げ場を用意しつつ探るなら、ギリギリOKではないでしょうか。

  • 【2】撮影ポイントを熟知している「夜景スポット」

    「調べてわかることじゃない気がする」(20代女性)というように、キレイな夜景をどう写真に収めるかは、その場で試行錯誤することが多いため、淀みないリードが逆に不信感のもとになりそうです。ただし、雑誌で特集が組まれることもあるので、それだけで疑うのはかわいそうでしょう。

  • 【3】毎年混んでるねってどういう意味…?「人気テーマパーク」

    「毎年違う女と来てるわけ!?」(20代女性)というように、完全に「アウト」なセリフを言ってしまう男性もいるようです。交際がすでに安定しているなら、「去年は誰と来たのー?」と意地悪に絡んでも、お互い笑ってすませられるかもしれません。

  • 【4】地図も見ずに一発でたどり着いた「穴場カフェ」

    「女子ウケカフェを彼氏が知ってるとは思えない」(20代女性)というように、彼氏が雰囲気のいいカフェを知っていたために、「前に誰かと来たのかな」と疑念を抱いたケースです。気になるなら、「こんなとこよく知ってたね!」と褒める口調で探りを入れてみましょう。

  • 【5】席の配置やトイレの場所を熟知している「映画館」

    「映画なんか観に行くタイプじゃないのに!」(20代女性)というように、男性のタイプによっては「デート以外では考えられない」と判断するケースもあるようです。ただし、「前来たときは何観たの?」と聞いてみて恋愛映画でなければ、無罪放免してあげてもいいのではないでしょうか。

  • 【6】甘いものは苦手なはず…「美味しいスイーツ店」

    「女子以外と来るはずない場所は一発(笑)」(10代女性)というように、話題のスイーツ店は男同士で行く可能性が低いため、デート判定が容易かもしれません。とはいえ、女兄弟や母親と一緒だった可能性も捨てきれないので、家族構成によっては詰問する必要もないでしょう。

  • 【7】去年よりキレイと感想を漏らす「イルミネーション」

    「何で言っちゃうかなぁ…」(20代女性)というように、去年と比べる発言は、嫌でも昨年のクリスマスデートを思い起こさせるため、ラブラブムードに水を差すようです。本人に自覚がない場合は「焼きもちやいちゃうな」とかわいくすねてみせてもいいかもしれません。

  • 【8】新作出たってなんで知ってるの…?「アクセサリー店」

    「アクセに詳しいって時点で遊び人疑惑がある」(20代女性)というように、踏み込んだファッション知識がある男性に違和感を覚えるパターンです。とはいえ、自分のために調べてくれたのかもしれないので、不機嫌になるくらいなら「詳しいじゃーん」とからかって笑いに変えましょう。

  • 【9】男友達と行くはずもない「客室露天風呂付き温泉宿」

    「ステキすぎる小旅行に連れて行かれると疑っちゃう」(20代女性)というように、素直に彼氏のもてなしを喜べない人もいるようです。とはいえ、疑いはあっても過去は過去。思い出を塗り替えるくらいの気持ちで楽しんだほうが建設的ではないでしょうか。

女性の勘の良さは長所でもあり、短所でもあるようです。去年のクリスマスがどうあれ、浮気をしているわけではないので、彼氏を責めるのだけはご法度と心得ましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から8日まで
対象:合計230名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock