「彼氏がいないのも当然」と思われるクリスマスの過ごし方9パターン


彼氏ができない理由は人それぞれ。とはいえ、クリスマス当日の過ごし方によっては「そういう理由ね」と勝手に納得されてしまうこともあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性500名に聞いたアンケートを参考に「『彼氏がいないのも当然』と思われるクリスマスの過ごし方」をご紹介します。

  • 【1】彼氏のいない女友達と世間のカップルの悪口を言いまくる

    「女同士で結託してると、余計に男が逃げる気がする」(10代男性)というように、世間を呪うかのように「毒舌女子会」を開いていると、「さもありなん」と思われてしまうようです。彼氏のいない女友達と連れだって合コンにでも参加したほうが、よほど建設的ではないでしょうか。

  • 【2】ジムで一人、ストイックに筋トレに励む

    「『男なんか興味ない!』って宣言してる感じ」(20代男性)というように、クリスマス当日にトレーニングをすると、本気度の高さに引かれてしまうようです。通常のジム通いには何の問題もありませんが、男性の視線を気にするなら、クリスマスだけはお休みしてはいかがでしょうか。

  • 【3】実家で両親とクリスマスを祝う

    「箱入り娘って感じ。結婚は遠いね(苦笑)」(20代男性)というように、海外では当たり前の構図でも、日本で親とクリスマスを過ごすと「居心地が良すぎて実家を出られない女」というレッテルを貼られてしまうようです。ただし、大学生くらいまでなら「微笑ましい」と思われる可能性も高いでしょう。

  • 【4】終電を逃す勢いで仕事に没頭する

    「仕事に逃げてるのか、本当に仕事命なのか…」(20代男性)というように、誰もがいそいそ帰っていく日に残業をしていると、それだけで悪目立ちしてしまうようです。その日のうちに片付けなければいけない緊急の案件でなければ、クリスマスくらいはゆったり楽しんではいかがでしょうか。

  • 【5】いい歳なのにアイドルのライブではしゃぐ

    「何もこんな日に…リアルな男に興味ないのかな」(20代男性)というように、アイドル男子のクリスマスライブにかまけていると、男性陣から「オタクな人」と判断されてしまうかもしれません。「リアルな男性に関心がない」と思われると、恋愛対象外にされかねないので、せめて公言するのは避けましょう。

  • 【6】別れた元カレの呼び出しにズルズル応じる

    「それじゃ新しい恋愛はできないよね(苦笑)」(20代男性)というように、元カレとの関係が惰性で続いていると「なかなか幸せになれないな」と苦笑されてしまうようです。寂しさからなら断ち切り、未練があるなら改めてアタックして、いずれにしても早めに決着をつけたほうがいいでしょう。

  • 【7】普段とまったく変わらず即帰宅する

    「『今日何の日かわかってる!?』って言いたい」(20代男性)というように、クリスマスに対して特別なアクションがないと、「恋愛を諦めた人」と思われてしまうようです。少しでも恋愛に興味があるなら、おしゃれをしてパーティに出かけるなど、ステキな出会いを模索してはいかがでしょうか。

  • 【8】クラブで朝までパーティに興じる

    「まだ遊びたいわけね」(20代男性)というように、独身ならではの派手なクリスマスの過ごし方を知られると、「遊んでいる子」と色眼鏡で見られるおそれがあります。独身生活を謳歌するのは構いませんが、男性ウケを気にするなら、派手な行いは伏せておいたほうが無難でしょう。

  • 【9】クリスマスだということに当日になって気づく

    「縁なさすぎ。仙人か!」(20代男性)というように、街に充満するクリスマスムードに気づかないということは、少なからず男性を驚かせるようです。強がりでそう言っているなら、逆効果だと心得たほうがいいでしょう。

男性や恋愛に興味がないと思われるような行動が、恋のチャンスを失うことにつながるようです。今は彼氏がいなくても、出会いを模索する前向きな姿勢は忘れずにいましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から8日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock