付き合いが3年を超えてわかった「彼女の本当の魅力」9パターン


交際開始から3年も経てば燃えるような情熱は次第に薄れていくかもしれませんが、長い時間をともに過ごしたからこそ、相手の本当の魅力が見えてくることもあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性214名に聞いたアンケートを参考に、「付き合いが3年を超えてわかった『彼女の本当の魅力』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いつでも自分のことを考えていてくれる「思いやりの深さ」

    「何より俺のことを優先してくれる彼女には感謝しかありません」(20代男性)というように、相手を大切にする一途な想いは、長い時間を重ねることで深みが増すようです。どんなときもブレることなく愛情を注ぎ続けるからこそ、「真心」が伝わるのでしょう。

  • 【2】ウソや隠し事をせず、いつも誠実でいてくれる「表裏のなさ」

    「この人だけは自分を裏切らないと確信できるのが嬉しい」(10代男性)というように、多くの出来事を一緒に乗り越えるなかで、確固たる信頼関係を築いたカップルもいます。どんなときでも本音で接するよう心掛ければ、ボタンのかけ違いも防げるでしょう。

  • 【3】日常生活の端々で女性らしさを感じさせる「所作の美しさ」

    「内面からにじみ出る本物感に惚れ惚れする」(20代男性)というように、普段から凛としたたたずまいを漂わせることで、パッと見の顔立ち以上の「美しさ」を印象付ける女性もいます。長い時間を一緒に過ごすカップルだからこそ、どんなにくつろいでいても、ダラけすぎないようにしましょう。

  • 【4】退屈させても文句を言わずに笑顔でそばにいてくれる「愛情の深さ」

    「特別なことをしなくても間が持つ感じがいい」(20代男性)というように、なんでもない時間を穏やかに楽しめる相手に、心地良さを覚える男性もいます。贅沢なデートができなくても、二人で過ごす時間を慈しむうちに、自然と愛情が伝わるでしょう。

  • 【5】洋服や髪型を上手にアレンジして、いつも新鮮であり続ける「オシャレさ」

    「何年経ってもデートのたびに会うのが楽しみです」(20代男性)というように、ルックスに常に変化があると、彼氏の「飽き」を防げそうです。大胆なイメチェンに挑まなくても、「前髪を上げてオデコを出す」などの小さな工夫で十分でしょう。

  • 【6】地道な努力をいとわず、ちゃんと結果を出す「やり遂げる能力」

    「独学で資格を取るとか、根性据わってるところを尊敬してます」(20代男性)というように、一朝一夕では成果の出ない目標に向けて頑張る姿は、彼氏に一目置かれるようです。ずっとそばで見ている人だからこそ、真価を理解してもらえるのでしょう。

  • 【7】誰にでも安心して紹介できる「人当たりのよさ」

    「ウチの家族とも円満で助かる」(20代男性)というように、どんな人ともうまく付き合える社交性は、カップルの仲が深まるほど目立ってくるようです。彼氏の友達や家族と丁寧にお付き合いすることで、二人の交際を応援してくれる人がどんどん増えるでしょう。

  • 【8】ケンカしてもわだかまりを残さず和解できる「仲直りの上手さ」

    「彼女が俺を掌の上で転がしてくれるおかげで続いてる」(20代男性)というように、長く一緒にいればケンカは避けられないからこそ、上手に和解させてくれる彼女に感謝する男性もいます。腹が立つことがあっても、一時の感情で相手を追い詰めないようにしたいものです。

  • 【9】言葉に出さなくても感情を読み取ってくれる「察しのよさ」

    「ずっと一緒にいてもストレスがたまらない」(20代男性)というように、相手の気持ちを察する能力は、長く付き合うほど重要視されるようです。「彼氏の機嫌が悪いときはしばらくそっとしておく」など、ケースバイケースでお互いに楽な対応をとるとよいでしょう。

「モテる女性」と「長く愛される女性」は、似ているようで違うのかもしれません。素敵な彼氏と付き合い始めたら、「ずっとそばにいられる女性」を目指していきたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から8日まで
対象:合計214名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock