クリスマスの予定がないことを意中の彼にアピールする一言9パターン


クリスマスは気になるカレと過ごしたいと思っても、好意丸出しで誘ったり、ヒマにしていることを大っぴらにアピールするのは気が引けるというもの。そこで今回は10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「クリスマスの予定がないことを意中の彼にアピールする一言」をご紹介します。

  • 【1】「あーあ、今年のクリスマスは仕事なんだよね…」と嘆く

    「恋人と過ごしていないことを堂々とアピールできます」(20代女性)というように、仕事に追われそうな見込みを強調しつつ、フリーであることも匂わせる一言です。「終わったら早く帰ろうっと!」と付け加えれば、終業後に予定がないことも伝わるでしょう。

  • 【2】「街中がカップルだらけで嫌だね」と同意を求める

    「『さみしい』と言うのはちょっとアレなので」(20代女性)というように、クリスマスムード一色の世の中をやんわり否定して、男性に察してもらうパターンです。共感してもらえたら、「カップルがいないところに行きたいね」などと切り出してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】「出かけたくないけどイルミネーションは見たいな」と控えめな願望を語る

    「本音です。でもこれで誘ってもらえたらラッキー」(10代女性)というように、デートそのものではない「してみたいこと」をさりげなくつぶやく手もあります。ライトアップや夜景など、ベタなものを見たがると、軽いノリで「一緒に行く?」と誘ってもらえるかもしれません。

  • 【4】「ケーキでも食べて、気分を味わおうかな」と独り身をほのめかす

    「お声がかからなかったら、本当にそうする気だけど…」(20代女性)というように、おひとりさまらしい過ごし方をポロッとこぼして、男性にアピールするセリフです。直前になっても誘われる気配がなければ、SNSに投稿してみてもよさそうです。

  • 【5】「みんなクリスマスは用事があって相手してくれないー!」と愚痴る

    「『俺も俺も!』と乗ってくれたら嬉しいんだけど」(20代女性)というように、いわゆる「リア充」の友人をネタにさみしさをぼやくのもいいでしょう。相手も同じ想いをしていれば、「慰め合い」の名目で一緒に過ごせるかもしれません。

  • 【6】「クリスマスはバイトでも入れようかな」とヒマであることを悟らせる

    「鈍くなければ『ああ、相手がいないんだ』って思うはず!」(10代女性)というように、「バイトを入れる」発言で、言外に予定がないことをほのめかす作戦です。「俺もヒマなんだよね」と返されたら、「せっかくのクリスマスなのにね」と水を向け、上手に会話を誘導しましょう。

  • 【7】「師走はこたつでテレビを見るのが一番」と干物女を装う

    「温かい救いの手を差し伸べてもらいたいです(笑)」(20代女性)というように、色気のない暮らしぶりをイメージさせ、男性の同情心をかきたてる一言です。相手も「干物男子」だった場合は、こたつで一緒にのんびりするクリスマスが実現するかもしれません。

  • 【8】「今年のクリスマスは中止になりました」とSNSでアンチクリスマス宣言する

    「ネタとして面白いし、一石二鳥です」(10代女性)というように、お決まりのクリスマスジョークに便乗して、「独り身」を強烈に知らしめるメッセージです。自ら書き込むのではなく、シェアやリツイートをするだけでも十分に意図は伝わるでしょう。

  • 【9】「クリスマスは家族で過ごす派?」と問いかけ、「君は?」と聞かれるのを待つ

    「とにかく話題に出せば、何かが起こるかもしれない」(20代女性)というように、自分から話を振って、リアクションを待つべしという意見もあります。ここぞというタイミングになったら、「ところで…」と切り込んでみてはいかがでしょうか。

仕掛けたきっかけをデートへと発展させるためには、日ごろのコミュニケーションがカギかもしれません。気になる男性がいたら、まずは気軽に話せる関係を築いておきましょう。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から9日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock