彼以外誰にも話せない!…けど実は大好きな「変態プレイ」9パターン


性癖やフェティシズムは男女ともに千差万別。ただし、内容によっては「私だけかも!?」と若干の不安を抱く女性も少なくないでしょう。そこで今回は20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「彼以外誰にも話せない!…けど実は大好きな『変態プレイ』」をご紹介します。

  • 【1】前立腺を中心としたプレイ

    「快感ポイントが集まっているから最高(笑)」(20代女性)など、性感帯が多いゆえについ何度も繰り返してしまうという意見もありました。お尻まわりでハードなプレイを試みる場合は、ローションやクリームを使用すると行為もスムーズになりエクスタシーも増幅するかもしれません。

  • 【2】耳や腕に跡が残るほど強く噛み付くプレイ

    「男性を噛んだときのお肉の柔らかさが大好きです」(30代女性)など、男子特有の肉体的感触がお好みという女子も少なくないようです。部位によっては噛み方に強弱をつけてみるとプレイ内容に緩急も生まれてハリのあるエッチになるかもしれません。

  • 【3】ハンパではないハードSMプレイ

    「中途半端な痛みでは全く気持ちよくないんだもん!」(30代女性)など、苦痛からくる悦びに没頭してしまう女性も少なくないようです。万が一を想定し、消毒液やヤケド用の軟膏がセットになった「救急箱」を部屋に用意しておくと、ハードプレイにも全力で取り組めるかもしれません。

  • 【4】フィニッシュで彼のものを自分の顔に出してもらうプレイ

    「独特な温もりから彼のラヴを感じられる」(20代女性)など、パートナー自身から発射される体液を顔で受け止め、愛を体感したいという女性も少なくないようです。しかし、もしも目に入ってしまうと充血してしまう恐れもあるので、受け止める際は「目をしっかりとつむる」ことが大切でしょう。

  • 【5】男性のカラダ全体を激しく愛撫するプレイ

    「隅から隅まで舐めないと気が済まないの」(20代女性)など、女性によってはペッティングに重点を置くタイプも少なくないようです。日によって「愛撫する箇所の順番を変える」と男性側もつねに新鮮な気持ちでプレイを楽しめるかもしれません。

  • 【6】痴女になりきったプレイ

    「大方の男は喜ぶから世の中にM男は多いのかも(笑)」(30代女性)など、いざ行ってみると意外と男性側にも受け入れられるプレイのようです。加えて「女王様的なコスチュームを用意しておく」と本格的な痴女プレイを楽しめ、盛り上がりに一役買うかもしれません。

  • 【7】服を着ていないと興奮できない着衣プレイ

    「脱ぎきらない方が相手に恋い焦がれているかのようで燃える」(20代女性)など、熱烈に相手を欲しているかのようにエッチを楽しめるという意見もありました。さらに「ピッタリとした服、サイズの大きい服を極端に着分けてみる」とその後のエッチにまで変化をつけられ、同時にファッションも楽しめるかもしれません。

  • 【8】いつまでも責め続けてほしい潮吹きプレイ

    「一度スッキリ感を覚えるとやみつき(笑)」(20代女性)など、ひとたび体感してみるとなかなか抜け出せない女性も少なくないようです。ベッドや布団などが濡れても後の掃除が楽なように「厚手のタオルケットなどを体の下に敷く」と水分に気を取られず、さらに豪快なプレイを堪能できるかもしれません。

  • 【9】足先や脇まで嗅ぎ回る匂い中心のプレイ

    「酸っぱい匂いが興奮度をグンと上げる」(30代女性)など、男性の汗や体臭には興奮作用があるという意見もありました。プレイ中に「嗅ぎながら性感帯を刺激してあげる」と、男性側も「細かく愛撫をしてくれる子だな」と性癖をプラスな印象に変えられるかもしれません。

自分好みの「変態プレイ」の中には痛みを伴うものもあるようなので、行う場合は己の快感を満たすだけの独りよがりな行為にならないように気をつけましょう。また、興味はあるけどチャレンジをしたことがないプレイは、事前にネットなどで体験済みの方の意見を参考にするとマスターするまでの近道になるかもしれません。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock