「女らしくていいな」と思われる冬コーデ9パターン


コートやマフラーなどで厚着をする冬は、コーディネートを考えるのが楽しい季節。では、どんな格好をすると「かわいいな」と思われるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「『女らしくていいな』と思われる冬コーデ」をご紹介します。

  • 【1】ミニスカートとのコントラストがいい「黒タイツ」

    「生脚もいいけど、こっちのほうが細く見えるし」(20代男性)というように、女子の間で大定番の黒タイツは、男子にも好意的な目で見られているようです。一口に「黒タイツ」といっても、さまざまな厚みがあるので、ファッションに合わせて使い分けてはいかがでしょうか。

  • 【2】胸のふくらみが強調される「ぴったりハイネック」

    「胸が大きく見えるのに、いやらしくないのがいい」(20代男性)というように、露出は控えめなのに女らしさを感じさせるスタイルは、コンサバ好みの女性にもトライしやすいコーデでしょう。ただし、もともと胸の大きい女性が着ると、ぽっちゃりして見えてしまうので気を付けたほうがよさそうです。

  • 【3】キレイな黒髪が際立つ「ビビッドカラーのマフラー」

    「黒い髪のツヤ感が余計に目立つ」(10代男性)というように、美しい髪とマフラーの組み合わせは男性支持率が高いようです。逆に言えば、髪の美しさに左右されるスタイルなので、日頃からヘアケアに力を入れましょう。

  • 【4】厚着とのギャップにドキッとする「肩出しニット」

    「肩にスリットが入ってるニットは冬の貴重なセクシーアイテム(笑)」(20代男性)というように、素肌がまぶしい肩出しニットなら、男性をドキドキさせることができそうです。厚手のコートやダウンジャケットの下に着ていくと、色っぽさが引き立てられるのではないでしょうか。

  • 【5】守ってあげたくなる「顔が埋もれるほどのストール」

    「髪の毛の上からマフラーを巻く巻き方がかわいいと思う」(20代男性)というように、たっぷりとした布で顔まわりを覆うと、バランスの悪さが逆に魅力的に見えるようです。少し幼い印象を与えたいときに、有効かもしれません。

  • 【6】ストレートにセクシーな「ニーハイブーツ」

    「黒い編み上げのニーハイブーツはクールな感じ」(20代男性)というように、ニーハイブーツは大人の女性の魅力を感じさせるのかもしれません。丈の長いブーツは足元の防寒対策としても効果的なので、一石二鳥ではないでしょうか。

  • 【7】仕草に萌える「袖が長めのニット」

    「萌え袖っていいよね(笑)」(20代男性)というように、手元が隠れるルーズなニットは、少し頼りなげなイメージで、男性たちの支持を集めているようです。スリムなパンツやタイトなスカートと合わせると、上下のメリハリがついて、スタイルもよく見えそうです。

  • 【8】ボリューム感があってキュートな「モヘアのセーター」

    「フワフワした毛糸って女子にしか似合わないと思う」(10代男性)というように、毛足の長いモヘアのトップスは、女性のかわいらしさを最大限に引き出してくれそうです。特にパステル系の色味のものを選ぶと、より一層女らしく見えるのではないでしょうか。

  • 【9】幼いかわいさを感じる「イヤーマフラー」

    「子どもっぽいところが好きかも」(20代男性)というように、防寒具としても優秀なイヤーマフラーは、女らしいというよりも「女の子らしい」魅力があるようです。童顔の女性が身につけると、長所が強調されるでしょう。

女性の肉体的な特徴や、個人の長所を引き立てるアイテムは、男性からのウケがいいようです。意中の男性とのデートのときなど、コーデの参考にしてみてはいかがでしょうか。(小倉志郎)
Photo:4774344sean/iStock/Thinkstock