小悪魔を気取ったはずが「ヤバい女」と誤解される痛い発言9パターン


思わせぶりな態度で男心を翻弄する「小悪魔系女子」は、恋愛市場で注目を集める存在かもしれませんが、無理に狙いすぎて失敗すると、大変な誤解を招きかねないようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性214名に聞いたアンケートを参考に、「小悪魔を気取ったはずが『ヤバい女』と誤解される痛い発言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】モテる女をアピールしようとして「今3人から告られてるんだけどぉ」

    「あーそうっスカ、としか言いようがない」(10代男性)というように、唐突な「告られてる自慢」に対する男性の反応は冷ややかなようです。事実だとしても、それを得意気に言いふらす恥じらいのなさは、男性をドン引きさせるかもしれません。

  • 【2】身近な男性なら誰でも構わずに「私、今彼氏いないんだよね」

    「男漁りに必死だって噂になっていることに、本人だけ気づいていない…」(20代男性)というように、男性からのアプローチを狙った「彼氏いないよ発言」は、相手を厳選しないと誤解の元になりそうです。男同士の情報ネットワークを軽んじないほうがよいでしょう。

  • 【3】本人を前にして上から目線で「あなたのことは嫌いじゃないよ?」

    「本気でイイ女ぶってるのが寒い」(20代男性)というように、自分がモテキャラであることを前提とした高飛車トークは、男性に敬遠されてしまうことがあるようです。好意を伝えたいなら、「○○さんって素敵ですね」と謙虚に述べたほうがよさそうです。

  • 【4】無理な要求をしながら「今までの男の人はみんなしてくれたよ?」

    「言われたら全力で離脱する」(20代男性)というように、過去の男性を引き合いに出した強引なおねだりは、聞き入れてもらえるどころか逆効果になってしまう場合があるようです。自分が男性に「ほかの女の子はしてくれたよ?」と言われることを想像すれば、どれだけ不快かわかるでしょう。

  • 【5】根拠がないうえに下ネタOKの気配を漂わせて「私、あげまんなの」

    「少なくとも恋愛対象からは脱落」(20代男性)というように、彼氏でもない男性に向かって「あげまん」を自称すると、かなりの高確率で真面目な恋愛対象を遠ざけてしまうようです。下半身事情を意識させても、百害あって一利なしと心得ましょう。

  • 【6】言外に「気を遣え」の意味を込めて「私、喉乾いちゃったなー」

    「どこの姫だよと突っ込みたくなります」(20代男性)というように、男性に気遣いを強いる独り言のせいで、傲慢な人間だと見なされてしまうケースです。ある程度親しい間柄でない限り、反感を買うだけだと肝に銘じましょう。

  • 【7】ぶりっ子オーラを全開にして「ゆうこはねぇ…」

    「学生ならまだしも、社会人なら説教したくなる」(20代男性)というように、「一人称が下の名前」の女性は、あまりに子供じみていると受け取られる危険があるようです。自分の年齢と立場をよく考えて、ぶりっ子はほどほどにしておきましょう。

  • 【8】とりあえず男性の意見を否定して「女の子のこと分かってないなー」

    「『君のことは分からなくていいわ』と返したいです」(10代男性)というように、男性に対するうかつなダメ出しは、ただのワガママだと思われることもあるようです。相手を納得させるには、具体的な理由を順序立てて説明するべきでしょう。

  • 【9】あえて空気を読めないズレた発言をしてから「私、天然なんだ!」

    「『自称天然』ほど信ぴょう性のないセリフはない」(10代男性)というように、自己演出として「天然」を名乗るのは、安易なキャラ作りだと一瞬で見抜かれてしまうようです。むしろ「計算高さ」が際立つことで、男性を遠ざける原因になるかもしれません。

「小悪魔発言」が裏目に出ると、恋愛のチャンスは遠のくようです。まずは自然体で男性と触れ合う経験を増やしていき、男心を深く理解することが大切でしょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から8日まで
対象:合計214名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:SergeyVButorin/iStock/Thinkstock