「男に大事にされなさそう」と見下される偽モテ女性の特徴9パターン


途切れることなく男性がいる女性は、多くの場合「モテ」を自負しているもの。しかし、同性から見ると「単に遊ばれているだけでは?」という辛辣な意見もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「『男に大事にされなさそう』と見下される偽モテ女性の特徴9パターン」をご紹介します。

  • 【1】スタイルがよく、露出度が高いファッションを好む

    「パッと見でエロいから、寄ってくる男もチャラい」(20代女性)など、露出過剰な服装は、安直な男性にはウケが良くても、周囲からは下品だとこき下ろされているようです。わかりやすいエロよりもチラリズムを目指したほうが、幅広いタイプから好感を持たれるでしょう。

  • 【2】男性に向かって「すごーい!」などの感嘆詞を連発する

    「会話に頭を使ってない。媚び媚びオーラ出まくり」(20代女性)など、「すごーい!」「マジでー!」と大げさに相槌を打つワザは、チャラい男性には喜ばれても、わかる人には退屈だと思われてしまうようです。「そっかー、○○だよね」と相手の話をオウム返しするだけでも、ちゃんと対応をしているように見えるでしょう。

  • 【3】飲みに誘われると断らず、電話一本でどこでも駆けつける

    「男に呼び出されるとホイホイ飛んで行くのが『うわあ』って感じ」(20代女性)など、飲み会への参加率が異常なほど高い女性も、周囲からは軽んじられてしまうようです。相手の都合に合わせすぎず、時には断ることで「誘えばいつでも来る」というイメージを払拭しましょう。

  • 【4】寂しがり屋で、一人で過ごすことが苦手である

    「構ってちゃんで自意識過剰だから、男に付け込まれる」(10代女性)など、「誰かと繋がっていないと不安」という精神的不安定さは、チャラ男を引き寄せてしまうようです。空虚なコミュニケーションで寂しさを埋めるより、じっくり出会いを待つのがまともな恋愛への近道でしょう。

  • 【5】女同士の約束よりも男性とのデートを優先する

    「こっちが先約なのに余裕でドタキャンするとか、友達減るよ」(20代女性)など、どんな事情があっても男性とのデートを最優先するのは、周囲からの信頼を失う原因になるでしょう。出会いの機会を失わないためにも、交友関係を狭める振る舞いは避けたほうがよさそうです。

  • 【6】一見女子力が高そうだが、料理や家事のスキルは低い

    「メイクは超うまいけど部屋は汚すぎて引く」(20代女性)など、いくら外見を可愛く整えられても、身の回りのことが一切できないのは問題のようです。好きな男性から「手料理を作って」と頼まれたときにボロがでないよう、最低限の家事スキルは身につけておきましょう。

  • 【7】誰にでも愛想はいいが、女友達が少ない

    「男には片っ端から甘えて、か弱い自分をアピール。女同士では嫌われる」(20代女性)など、女性らしさを過剰なほど強調するぶりっ子キャラは、一部の男性には好まれるものの、周囲からは冷ややかに見られるようです。作りこんだキャラを演じるより、自然体を見せるほうが多くの人に好まれるでしょう。

  • 【8】自分の男性遍歴について、恥ずかしげもなく気軽に話す

    「誰々とデートしたとか全部話すから、男事情をみんな知ってる」(10代女性)など、相手を構わず恋愛トークを披露するのは、「口が軽くて信頼できないタイプ」と思われるようです。思慮深い男性からは誘われなくなるおそれがあるので、なんでもベラベラしゃべるのはやめましょう。

  • 【9】男性のきわどい下ネタを余裕で受け入れる

    「良くも悪くも男性に合わせちゃうのが欠点」(20代女性)など、男性の下ネタに余裕で乗ると、はためには「イタい」と思われるようです。マジメな男性から恋愛対象外と見なされる危険もあるので、ほどほどにしておきましょう。

「軽い女」と思われれば、真剣な恋愛の可能性は遠ざかってしまうもの。日頃の何気ない行動を振り返ってみましょう。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から9日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock