多忙なビジネスマンにウザがられるLINEアプローチ9パターン


気軽にコミュニケーションが取れるのがLINEのよいところですが、忙しいビジネスマンに対して過剰に送ると、「うっとうしい女」と思われてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性436名に聞いたアンケートを参考に「多忙なビジネスマンにウザがられるLINEアプローチ」をご紹介します。

  • 【1】変なスタンプを突然送って絡もうとする

    「どうしたいのかわからなくて困惑する」(20代男性)というように、時間に余裕のない男性にネタ系のスタンプを送っても、シラけさせるのがオチのようです。「今度○○社の創業者が来るビジネス交流会があるよ」などと、無意味なスタンプではなく相手の趣味にかかわる情報を送りましょう。

  • 【2】写真つきのトークを送り、感想を求める

    「くだらないことで『要返信』って面倒…」(20代男性)というように、「仕事命」の男性に写真を送りつけて盛り上がろうとするのは間違いかもしれません。恋愛に対するプライオリティが低い男性も多いので、相手の温度を探ってコミュニケーションを取りましょう。

  • 【3】返信が来たら、待ち構えていたかのように既読にする

    「『常に携帯見てるの?』って呆れます」(20代男性)というように、既読になるタイミングがあまりに早いと、「暇な人?」と軽く扱われてしまうおそれがあります。要領を得ない長々とした文章も、「こんなの書いてる時間があるの?」と思われる危険があるので避けたほうがよいでしょう。

  • 【4】疑問文で即レスし、エンドレスに会話のラリーを続けたがる

    「即『通知オフ』にします」(20代男性)というように、忙しい人と無理に会話を続けようとすると、距離を縮めるどころか遠ざけられてしまうでしょう。「では!」や「またね」といった言葉が来たら、会話終了の合図とわきまえて、スタンプで返す程度にするのがよさそうです。

  • 【5】既読から1日返信しないだけで、「読みました?」と催促する

    「返信を待たずにリアクションするのはNG」(20代男性)というように、仕事に燃えている男性にとって、過剰なコミュニケーションはストレスになってしまうようです。返信がないときは相手の状況を察し、トークを控えるのが正解かもしれません。

  • 【6】LINEに返信がないと、FacebookやSMSにメッセージを送る

    「別ツールで追いかけられると、返信が業務のように思えてゲンナリ」(20代男性)というように、やみくもに圧力をかけるのも、相手を逃げたくさせてしまうようです。そのエネルギーを習い事や資格取得など、自分磨きに使ってはいかがでしょうか。

  • 【7】「何時ならLINEできますか?」とKYな質問をする

    「そんなことわからないし…とイライラします」(20代男性)というように、トークできる時間をわざわざ確認するのも、相手を不快にさせてしまうようです。どうしても聞きたいなら、LINEではなく会ったときにさりげなく探りましょう。

  • 【8】「月曜夜7時に会えませんか?」と平日の早い時間にデートの提案をする

    「平日早めで、候補は1日だけとか、絶対ムリ」(20代男性)というように、多忙な男性を、ピンポイントの時間指定で誘い出そうとするのは無茶な要求かもしれません。せめていくつか候補日をあげてみてはいかがでしょうか。

  • 【9】誘いを断ると「来週、再来週は?」とどんなに先延ばししてでも会おうとする

    「忙しさが落ち着くまで待ってほしい」(20代男性)というように、何が何でもアポを取り付けようとする態度は、疎ましく思われてしまうようです。LINEでしつこく追い回すより、時間をおいて、また顔を合わせたときに誘ったほうが好印象でしょう。

「追いかける」よりも「追いかけられる」女性になるためには、押しすぎたと思ったら、引くことが重要でしょう。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から10日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock