「この人、結婚向きじゃなかった」と思う男性の特徴9パターン


焦って結婚相手を決めてしまい、あとから「こんなハズじゃなかった!」と思うというのはよくある話。後悔したくなければ、「夫として不適格だと感じた理由」をあらかじめ聞いておきたいところです。そこで今回は、インターネットユーザーの女性500名に聞いたアンケートを参考に「『この人、結婚向きの男じゃなかった』と思う男性の特徴」をご紹介します。

  • 【1】外面だけは異様によくて「愛妻家」を気取りたがる

    「家では暴君なのに、周囲には優しい夫だと思われてて、ムカつく」(20代女性)というように、家と外では態度が違いすぎるパターンです。恋人時代はチヤホヤしてくれた男性も、家族になったとたんに豹変する可能性があるので、交際中から「身内」への態度をチェックしましょう。

  • 【2】「おまえは○○家の嫁だろ!」と自分の実家ばかり優先する

    「旦那の実家には毎週顔出しを強制するくせに、私の実家への帰省は年1回!」(20代女性)というように、あからさまに妻の実家をないがしろにする男性は多いようです。家意識が強かったり、すぐに実母を頼ったりするのは、危険な兆候かもしれません。

  • 【3】妻が私的な用事で外に出るのを極端に嫌う

    「たまに外出すると『いつ帰る?』と電話攻撃で、もうウンザリ」(20代女性)というように、過剰な夫の束縛に精神的圧迫を感じている女性もいます。交際中は「ヤキモチは愛されている証拠」と思いがちですが、度を越える可能性もあることを忘れないようにしましょう。

  • 【4】「コイツの飯はまずくって…」などと人前で妻をけなす

    「いくら『やめて』と言っても聞いてくれない」(20代女性)というように、妻を下げることで自分のほうが上の立場だと誇示したがる男性もいるようです。友人に対して「彼女下げ」をする彼氏の真意は、照れ隠しではない場合もありそうなので気を付けましょう。

  • 【5】家事やお金のやりくりなど、家庭運営に当事者意識がない

    「私ひとりがんばっていてもまるで他人事…。虚しくなります」(20代女性)というように、いつまでも気楽な独身気分が抜けない夫に手を焼く女性も多いようです。デートプランが彼女任せだったり、自分の興味があること以外しないという男性には注意が必要でしょう。

  • 【6】金銭感覚など、価値観の違うことに歩み寄る姿勢がない

    「家庭をふたりで作っていくという意識がゼロで悲しくなる」(20代女性)というように、かたくなに自分のやり方を曲げない男性とは、妥協点を探り合うことすら難しいかもしれません。結婚前に相手の「柔軟性」を確かめておくのが賢明でしょう。

  • 【7】仕事が長続きしなくても、のんびり呑気に構えている

    「収入が不安定だと先が見えなくて不安しかない」(10代女性)というように、生活の基盤が築けない相手との将来に、明るい展望が見えない人もいます。忍耐力がなく辞めグセのある男性とは、結婚しても苦労の連続になることを覚悟したほうがいいでしょう。

  • 【8】「誰が食わせてやってるんだ」と上から目線でいばる

    「反論すると倍返しなので黙って耐えてます」(20代女性)というように、言葉で威嚇する夫に恐怖を感じるケースです。日ごろから自分より弱い立場の人に横柄な態度を取る男性は、結婚後に豹変するおそれもあるので、よく観察したほうがいいでしょう。

  • 【9】カッとなると物を投げるなど、DVの予兆がある

    「すぐに冷静さを失うので、いつもご機嫌を伺ってしまう」(10代女性)というように、夫の気分に振り回される生活に、精神を消耗してしまうパターンです。暴力の片鱗が見える男性とは、情に流されずに早めに縁を切るのもひとつの選択でしょう。

交際中は気持ちが舞い上がっていたり「この人を逃したらあとがない」という思いから、冷静に判断できないことが多々あります。友人や親族など多くの人に助言を求めてみてはいかがでしょうか。(山下陽子/Office Ti+)


【調査概要】
期間:2014年8月6日から9日まで
対象:合計500名(インターネットユーザーの女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:nicoletaionescu/iStock/Thinkstock