M男性の「乳首」を攻めるときの言動9パターン


M男性にとって乳首は大きな弱点でありながら最高の性感帯でもあるでしょう。そんな激アツポイントを責めたてるときに一番効果的で有効な言動を探るべく、今回は20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「M男性の『乳首』を攻めるときの言動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】上から目線で「小さい乳首だな」と言う

    「少し強めにつねりながら言うとグッド!!」(20代女性)など、責めのアクション付きで言い放つと効果的なようです。さらに「一番嫌いなタイプの乳首ね!!」とさらに蔑むとM男に本当の悦びを感じさせられるかもしれません。

  • 【2】甘噛みしながら「これぐらいが好きなの?」と尋ねる

    「『ねえ?どうなのよ?』と言葉責めも同時に繰り出す(笑)」(30代女性)など、合わせ技が昇天しやすいという意見もありました。くわえて「噛む強さに緩急をつける」と男性の感度も増幅し本気のイキを誘えるようです。

  • 【3】「もっとしてほしい?じゃあ、私にお願いしてみな!」と強めに言う

    「そうやっておねだりさせておきながら、お願いしてきたら基本的には拒否るけどね(笑)」(30代女性)など、M男性からの懇願はすんなりと受け入れてはいけないようです。「お願いするとやってもらえると思ったの??」など焦らすことがポイントかもしれません。

  • 【4】ちょっとずつ舐めながら小悪魔っぽく笑う

    「たまに八重歯を立ててあげると悦ぶ」(30代女性)など、バリエーション豊かに責める方法がいいという意見もありました。さらに合体技として「反対の乳首はつねりあげる」という技も効果的かもしれません。

  • 【5】「なんでこんなに立ってるの?」と意味深に聞く

    「なるべく会話に間を置くことが大切ですね」(30代女性)など、エッチ中のトークに緩急をつけることも重要という意見もありました。くわえて「ほら、もっと立ててみなさいよ!!」といった無茶ぶりもM男性には快感に繋がるようです。

  • 【6】あえて何も言わずに相手の目を凝視する

    「瞳でプレイすることを覚えると上級者ね」(30代女性)など、あえて言葉を交えないエッチも興奮するようです。男性から何を言われても「目を見つめ続ける」と羞恥心を増幅させて悦ばすことができるのかもしれません。

  • 【7】「こんなので感じるなんて恥ずかしい男だね」と蔑む

    「『我慢のできない男は嫌い』なんて言葉を付けくわえてもよし」(30代女性)など、徹底的に蔑むことも重要という意見もありました。さらに「あえてソフトタッチで触り続ける」と男性の快感も長続きし、最終的には昇天するとの意見も。

  • 【8】「本当に甘えん坊な乳首だな」と少し強めに吸う

    「吸うときに大きな音をたてるとM男は興奮しやすい」(30代女性)など、男性の聴覚に訴えかけるという方法もあるようです。吸いながらもう片方は「デコピンなどでいじってあげる」などもM的要素をくすぐって効果的かもしれません。

  • 【9】「どうしてほしいか正直に言ってごらん?」と母親のように聞く

    「マザコンプレイも織り交ぜると新鮮さが増します」(20代女性)など、SとMの関係に思わせつつ、隠れた他の変態プレイ要素もあると興奮度が増すという意見もありました。「ワガママっ子にはお仕置きね」と叱りつけるような言動も本気の昇天を誘えるのかもしれません。

乳首はデリケートな箇所ですがやはり男性としても責めてほしいもの。それがM男性ならばなおさらでしょう。責めると一口で言っても様々なアプローチ方法が存在するので、ときには「洗濯バサミ」などの小道具を利用するのも斬新かもしれません。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock