「あなたの子どもは欲しくない」級に傷つける別れの言葉9パターン


別れのときは誰しも少し感情的になり、ひどいことを言ってしまうことも…。なかでも特に男性の心を傷つけるのは、どんな言葉なのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「『あなたの子どもは欲しくない』級に傷つける別れの言葉」をご紹介します。

  • 【1】「あなたといる間、ずっと不幸だった」

    「マジかよ。全部否定されたような気持ち」(20代男性)など、交際期間を通してのネガティブ発言は、男性に強いショックを与えるようです。別れ話に至るにはいろいろな事情があるでしょうが、ステキな思い出まで台無しにするような発言は控えましょう。

  • 【2】「全然好きじゃなかったのに付き合ってごめん」

    「えー! じゃあ何で付き合ったわけ?」(20代男性)など、「そもそも初めから好きではない」という発言は、男性の自信を完全に喪失させるようです。押しに負けた形で付き合い始めても、少しは好意があったはず。愛情の全否定はやめましょう。

  • 【3】「一緒にいても何のメリットもない」

    「将来性ないってこと? 自信なくすなー(苦笑)」(20代男性)など、恋愛感情ではなく損得勘定で「一緒にいられない」と言われると、自分の生き方に自信をなくす男性もいるようです。同じ未来を考えられないなら「結婚を考えてくれないから」など、オブラートに包んだ言い方をしましょう。

  • 【4】「二度と顔も見たくないし、声も聞きたくない」

    「いつそんなに嫌いになっちゃったの??」(20代男性)など、あからさまに嫌悪感を伝えると、急激な変わりように驚く男性もいるようです。彼氏があまりにしつこく別れに応じないなどの事情がなければ、わざわざ口に出す必要はないのではないでしょうか。

  • 【5】「あなたは寂しさの埋め合わせだったけど、本当に好きな人を見つけた」

    「オレは『つなぎ』かよ。ぶっちゃけすぎ!」(20代男性)など、たとえ本当のことでも、男性を心の底から悲しませる発言もあるようです。真実を伝えることばかりが誠意ではありません。相手の心情を思いやる心をもちましょう。

  • 【6】「見た目が生理的にムリなんだよね」

    「最初からわかってたことじゃん」(20代男性)など、変えようのない部分を指摘すると、「今さらそんなこと…」と悲しむ男性もいるようです。彼氏が急激に太った、などの事情があるなら「そんなに太ってほしくなかった」と具体的に伝えましょう。

  • 【7】「私たち、付き合ってたわけじゃないでしょ」

    「じゃあこれまでの関係は一体…?」(20代男性)など、交際そのものを「なかったこと」にするような発言は、男性を激しく動揺させそうです。「付き合おう」という具体的なオファーはなくても、自分にも相手にそう思わせるような言動がなかったか、一度発言の前に見直しましょう。

  • 【8】「あなたとふたりの将来より一人のほうがマシ」

    「そんなにオレってお荷物か!?」(20代男性)など、存在を否定するような発言は、男性の今後の恋愛や結婚観にも強い悪影響を及ぼしそうです。「私が理想に思ってる結婚生活にあなたは向いてない」など理由を具体的に伝えれば、ショックを最小限に抑えられるでしょう。

  • 【9】「私にだって幸せになる権利があると思う」

    「オレでは幸せにできないの?」(20代男性)など、「女性を幸せにできない男だ」という主旨の発言をすると、あまりのことにギョッとする男性もいるようです。せめて「もっと大切にしてくれる人がいい」など、自分の思う幸せの形を伝えたほうがいいでしょう。

ほかにも「女子のこんな別れの言葉が男性に強いショックを与える」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock