彼氏が「彼女にはやめてほしい」と思うファッション9パターン


他人として眺めるだけならよくても、自分と一緒に歩く彼女となると話は別。「彼女にはやめてほしいファッション」というものが存在するようです。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に「彼氏が『彼女にはやめてほしい』と思うファッション」をご紹介します。

  • 【1】男の視線が集まりそうな「胸元の開いたトップス」

    「単純に嫉妬しちゃう。彼女が他人にジロジロ見られるのは嫌だな」(20代男性)など、胸の谷間が見えるほど露出した格好は、彼氏の嫉妬心に火をつけてしまうようです。彼氏の心情も察して、少しコンサバなファッションに切り替えたほうがいいかもしれません。

  • 【2】歩くと危なそうな「ハイヒール」

    「よくそんな靴で歩けるよね。こけそうで心配」(20代男性)など、履き慣れた女性にとっては何でもないハイヒールも、男性の目には危険なものに映るようです。「転びそうだから手つないで」などと甘えると、男性も喜ぶのではないでしょうか。

  • 【3】ふたりで歩くと不釣り合いに見える「ゴスロリ服」

    「そんな服に似合うの持ってないよ…」(20代男性)など、あまりに個性的なファッションだと、一緒に歩くときに自分が何を着ればいいのか悩んでしまう男性もいるようです。ふたりで一緒にいてもちぐはぐな印象を与えてしまうので、趣味の合う女友達と一緒のときだけにとどめておいたほうがいいかもしれません。

  • 【4】ナンパの危険が高まりそうな派手な「ギャル服」

    「軽く見えちゃいそうで心配」(20代男性)など、彼女がギャルっぽい服装をしていると、一人でいるときにほかの男から声をかけられるのではないかと気が気ではない男性もいるようです。彼氏といるとき限定ということにすれば、ギャル服も解禁になるかもしれません。

  • 【5】だらしなく見えてしまう「スウェット」

    「彼女がダラけて見えそうで…」(20代男性)など、可愛い彼女の評判が下がることを恐れる男性もいるようです。完全な部屋着としてならいいかもしれませんが、できれば部屋着も可愛いものにして、彼氏の目を楽しませてあげてはいかがでしょうか。

  • 【6】下着が見えそうで気が気じゃない「超ミニのスカート」

    「そんな丈で大丈夫なの!? パンツ見えそう(苦笑)」(20代男性)など、彼女があまりに丈の短いスカートをはいていると、ほかの男性の目を気にして内心ヒヤヒヤな男性もいるようです。同じショート丈でもショーパンにすれば、少しは彼氏の心配が減るかもしれません。

  • 【7】女子っぽさが足りない「革ジャン」

    「強そうだなぁ。彼女にはもっと可愛い系でいてほしいんだけど」(20代男性)など、彼女に女性らしさを求める男性は、ライダースなどのハードなファッションに抵抗を覚えるようです。彼氏の好きな女性ファッションを聞いて、少し方向性をチェンジしてもいいのではないでしょうか。

  • 【8】脚元がセクシーすぎる「網タイツ」

    「ケバい…。黒タイツじゃダメなの?(笑)」(20代男性)など、彼女の色っぽ過ぎる脚元に引いてしまう男性もいるようです。ファッション的に問題がなければ、黒タイツやレギンス、トレンカをチョイスしてはいかがでしょうか。

  • 【9】暗い印象になる「黒のワンピース」

    「なんか喪服みたい。明るい色も着ればいいのに」(20代男性)など、彼女が黒い服ばかり着ていると、ちょっとガッカリする男性もいるようです。黒好きな女性も、デートのときくらいは花柄や明るい色に挑戦してみてもいいかもしれません。

ほかにも「彼氏は彼女のこんなファッションに『やめてほしい』と思っている」というエピソードがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(小倉志郎)
Photo:All images by iStock