世の男性が元カノと別れたことを後悔する瞬間8パターン


久しぶりに元カレに会うことになったら、未練があってもなくても、少しはいい格好をしたいもの。では、世の男性は、どのような瞬間に元カノと別れたことを後悔するのでしょうか。そこで今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートを参考に、「世の男性が元カノと別れたことを後悔する瞬間」をご紹介します。

  • 【1】自分とつきあっていたときよりキレイになっていたとき

    「自分とつきあっていた頃よりやせてキレイになっていた。なぜ振ってしまったんだろうと思った」(20代男性)など、キレイになった元カノを目の当たりにして、ダイヤの原石を見抜けなかった自分に落胆するパターンです。ダイエットに励んだり、メイクの仕方を研究するなどしたりして、元カレに別れたことを後悔させてやりたいものです。

  • 【2】ファッションセンスに磨きがかかっていたとき

    「俺といるときはもっとモサかったのに…」(10代男性)など、自分が隣にいたときに比べて垢抜けた元カノの姿に、ショックを受ける人もいます。おしゃれに磨きをかけて損することはないので、これを機に奮起してみてはいかがでしょうか。

  • 【3】昔はアホそうだったのに、上品になっていたとき

    「正直、世間知らずな子だと思っていたので意外でした」(20代男性)など、女性として一回り成長したことで、元カレに興味を持たれるケースです。マナー本などで一般常識を改めて勉強し、ちょっとした仕草にも気を付けるようにすると、「いい女になった」と見直してもらえるかもしれません。

  • 【4】元カノの笑顔を見たとき

    「今まであの笑顔に癒やされていたんだなぁと痛感した」(30代男性)など、懐かしい笑顔を見て心が動いたという人もいます。「惜しいことしたな」と思わせたければ、本音はどうあれ自然な笑顔を意識するといいでしょう。

  • 【5】何も飾らずに、一緒の時間をナチュラルに過ごせたとき

    「会話の内容よりも、話すペースや間が心地よかった」(20代男性)など、元カノの前では自然体でいられることを改めて実感したケースです。すでに「別れた相手」ということで、多少の気まずさはあるにしても、こちらもできるだけ飾らずに向き合うようにすると、居心地のよさを痛感させられるかもしれません。

  • 【6】自分のことをまだ好きでいてくれると知ったとき

    「『何人かとつきあったけど、やっぱり○○クンじゃないとダメ』と言われたときは心が揺らいだ」(20代男性)など、別れてもまだけなげに思い続けてくれる純粋さに、やり直そうかと考えることもあるようです。復縁を強く望んでいる場合は、素直に気持ちを打ち明けたほうがいいでしょう。

  • 【7】ほかの男が隣にいて、幸せそうな様子を見たとき

    「自分とつきあっていたときにも、こんな幸せそうな顔をしてたのかなぁと思うと、その男から奪いたくなる」(20代男性)など、今現在の幸せそうな様子に強いジェラシーを抱くパターンです。特定の彼氏がいない場合は、「最近、いろんな人から誘われるんだけど…」などとモテぶりをちらつかせてもいいかもしれません。

  • 【8】自分より魅力的な彼氏とつきあっているとわかったとき

    「『オレのほうがもっといい男』とアピールしたくなる」(10代男性)など、元カノが自分より「格上」な男性と交際していることを知り、猛烈にプライドを刺激される人もいます。元カレを見返してやりたい気持ちが強いのであれば、次に付き合う男性を慎重に選びたいところです。

ほかに、元カレに別れたことを後悔させる方法はありますか?皆さんのご意見をお待ちしています。(宮平なつき)
Photo:All images by iStock