「最高に萌えた!」と忘れられない告白シチュエーション9パターン


女の子から告白された甘酸っぱい思い出…。世の男性が胸の奥に大事にしまっている青春の1ページには、恋をつかむヒントが隠されているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に、「『最高に萌えた!』と忘れられない告白シチュエーション」を紹介します。

  • 【1】真っ赤な顔で手紙を渡され、「…これ、読んでください」

    「直接言われるよりも、愛を感じる」(10代男性)というように、古典的なツールである「ラブレター」を使った告白は、美しい思い出として男性の心に残るようです。文章として改めて想いを綴る行為が、神聖なものとして胸に焼きつくのかもしれません。

  • 【2】一緒にお茶をした帰り道、「私、好きじゃない人と二人で会ったりしないから」

    「俺のこと好きってこと?って、ドキドキした」(20代男性)というように、「友達以上恋人未満」の二人の関係をあえて問い直す告白です。ウブな女性を演じながら、相手の反応次第で「…好きなの」と追い打ちをかけてしまうのも、強烈な一撃になるでしょう。

  • 【3】同級生に仲がいいとからかわれたとき、「ねえ、噂、ホントにしちゃう?」

    「急に意識し始めて…。そのあと付き合うことになった」(10代男性)というように、周囲にからかわれたことを、告白の引き金にするパターンです。大人でも使えるワザなので、職場で好きな人と噂されることがあれば冗談っぽく言ってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】失恋したとき、なぐさめてもらいながら「今好きって言っちゃ、…ダメ?」

    「ホントに俺のこと、ずっと好きでいてくれたんだって痛感した」(20代男性)というように、相手を想い続けていなければ言えない健気なセリフは、男性の胸を打つようです。この状況に持ち込むためには、失恋したときに相談されるくらいに、二人の距離をつめておく必要があるでしょう。

  • 【5】長電話の途中、ふとした瞬間に「…好きなの」

    「言わずにいられなかったのかなって萌えた(笑)」(20代男性)というように、用意周到さがまったくない突然の告白も、インパクトが大きいようです。「もう、気持ちを抑えられなくなっちゃって…」と、切ない声で続けると、溢れる想いがリアルに伝わるかもしれません。

  • 【6】夕陽のさす下駄箱で待ち伏せされて、「つ、つつつつつつきあってください」

    「相手がめちゃくちゃ緊張してるから、こっちも泣きそうになった」(10代男性)というように、不器用でも真っ直ぐに伝えれば、しっかりと想いは通じるようです。たとえセリフをかんだとしても、格好をつけず、ありのままぶつかるとよいでしょう。

  • 【7】恋愛相談にのっていたら、話が進むうちに「…実はあなたなの!」

    「びっくりした分だけ、嬉しかった」(10代男性)というように、「友達だと思っていた相手」が「恋人候補」に変わる驚きが、男性のハートに火をつけるようです。「実は…」の前にタメを作り、思いつめたように言葉を発すると、本気度が伝わるかもしれません。

  • 【8】体育館の裏に呼び出され、「ずっと好きだったの」

    「ありがちであるがゆえに、一度は経験したいシチュエーションだった」(10代男性)というように、呼び出し後のストレートな告白に、憧れを抱く男性は多いようです。多くの言葉はいらないので、頬を赤らめながら恥ずかしそうに「好き」と直球を投げるとよいでしょう。

  • 【9】文化祭の行事中、皆の注目を浴びながら「私とつきあって!」

    「後先を考えない大胆さに、『本気』を感じた」(10代男性)というように、公衆の面前での告白は、ドラマティックさが倍増するようです。相手が目立ちたがり屋な場合はよいですが、シャイな場合は嫌がられるので注意しましょう。

たとえフラれてもいいから、溢れんばかりの気持ちを伝えたい…。そんな、「打算のない素直な想い」があってこそ、男性のハートを射抜くのではないでしょうか。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計452名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock