「バツイチ女性」との恋愛が心地良い理由9パターン


離婚歴のある女性は、それゆえに恋愛対象として男性から期待を寄せられる場合があるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性500名に聞いたアンケートを参考に「『バツイチ女性』との恋愛が心地良い理由」をご紹介します。

  • 【1】「世の中うまくいかないことのほうが多い」などと、物事を達観している

    「なんでも思い通りにしようとする元カノとの違いをまざまざと見せつけられた」(20代男性)というように、物事への対処の「大人ぶり」が一目置かれているケースです。気になる男性には、機会を見て、懐の深いところを見せてあげると良いかもしれません。

  • 【2】「結婚を急ぐより恋愛を楽しみたい」などと、焦らずに関係を築くことができる

    「『いつ籍を入れてくれるの?』みたいなプレッシャーは少ない気がします」(20代男性)など、やみくもに「結婚」を期待していない点も、男性に評価されているようです。とはいえ、相手との結婚を望んでいるのであれば、それとなく意思表示をしておいたほうが良いでしょう。

  • 【3】「男の人は褒めて育ててあげないと」などと、男の扱い方を知っている

    「男の『これだけは言われたくない』というNGラインをわかっていて助かる」(20代男性)というように、男性特有の面子やプライドを理解していることも、魅力のひとつと言えるでしょう。ただし「手のひらで転がしている感」を出し過ぎるとイヤミになるので、加減に気をつけたいものです。

  • 【4】「ケンカぐらいでオタオタしても仕方ない」などと、肝が据わっている

    「いちいち泣いたりしないので、冷静に話ができる」(20代男性)など、離婚という修羅場をくぐりぬけた者だけが持つ落ち着きを評価する声もあるようです。男性とのやりとりでカッとなったときも、一度深呼吸して、泰然自若ぶりをアピールすると良いかもしれません。

  • 【5】「夫婦なんてしょせんは他人同士」などと、結婚を現実的に捉えている

    「『なんでわかってくれないの!?』と不満ばかりだった元カノと対照的だった」(20代男性)というように、結婚や男性に過剰な幻想を抱いていない点も、男性には居心地がいいようです。とはいえ、あまりに醒めていると、愛情が薄いと受け取られかねないので、気をつけましょう。

  • 【6】「浮気の一つや二つ仕方ないよね」などと、男性に対して寛容な態度が備わっている

    「前のダンナが浮気性だったみたいで、多少のことは許してもらえる」(20代男性)など、少々の気まぐれには目くじらを立てないおおらかさも歓迎されるようです。ただし、二人の仲に決定的な亀裂をもたらす可能性もあるので、我慢は禁物でしょう。

  • 【7】「これまでの人生、いろいろあったからね」などと、独特の陰がある

    「ときおりふっと見せる横顔に、『これまで、いったいどんな目に遭ってきたんだろう』とドキドキする」(20代男性)というように、人生経験に裏打ちされた「人間としての厚み」に惹かれる男性もいるようです。折を見て物憂げな表情を見せてみるのも良いかもしれません。

  • 【8】「男には押すだけじゃダメなのよ」などと、男女の駆け引きを心得ている

    「たまにつれないこともあって、ラブラブなときとのギャップがまたそそる」(20代男性)など、一直線に突っ走らないしたたかさがたまらないという声もあります。あくまでも駆け引きなので、相手の様子を見ながら臨機応変に出方を考えたいものです。

  • 【9】「無理して私に合わせなくてもいいんだよ」などと、精神的に余裕がある

    「男に多くを求めないから、彼女の存在を負担に感じることもなくなった」(20代男性)というように、サバサバとした態度が好感を招くケースです。ただし、どうしてもワガママを言いたいときは、思い切って甘えてみるほうがかわいく映るかもしれません。

どうやらバツイチ女性には、鷹揚な態度や経験知からくる賢さが求められているようです。男性の期待に上手に応えてみてはいかがでしょうか。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年7月1日から3日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock