エッチの最中、「俺って、エッチ上手いかも!」と自信を与える一言9パターン


意中の男性と一夜を過ごせる楽しい夜のはずなのに、ベッド上での彼がいまいち元気がない、という経験をした女性も少なくないでしょう。それは男性がエッチに対して今一歩自信を持てていない証拠なのかもしれません。そこで今回は20代、30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いた「エッチの最中、「俺って、エッチ上手いかも!」と自信を与える一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ストレートに心情を伝える「気持ちいい!」

    「小細工のない素直な思いが一番でしょ」(20代女性)など、飾らないセリフが最適だという意見もあるようです。快感の度合いをわかりやすく伝えるため、いつもより大きな声で言ってあげるほうがより効果的かもしれません。

  • 【2】男性のテクニックを褒める「腰使いがすっごくいい!」

    「エッチのテクを褒められてイヤな男性はいないはず」(30代女性)など、大方の男性が喜びやすい言葉という意見もありました。「彼の動きに合わせて発声する」とお互いのタイミングも合わせられて、一層男性も熱くなれるかもしれません。

  • 【3】相手のリクエストに答える「どこなめてほしい?」

    「服従心を少し見せるだけで震えて喜ぶ男性もいる」(20代女性)など、相手の言う通りにプレイをしてあげるとエッチも盛り上がるという声もありました。彼に向かって「上目遣いで尋ねてみる」とより興奮的要素が高まり男性の自信もみなぎるでしょう。

  • 【4】男性の体を讃える「アソコが大きくてすごく感じる!」

    「言った瞬間に股間が一回り大きくなるくらい効果絶大(笑)」(20代女性)など、男性のシンボルを率直に褒めてあげるという声もありました。一番体が密着する体位のときに「あえぎ声を混ぜながら言う」とよりライブ感も出て男性も興奮するでしょう。

  • 【5】耳元でささやくように「明日もしてくれる?」

    「『あなたにやみつきだよ』ということを伝える」(20代女性)など、心身の相性が抜群ということを教えてあげる一言です。思い切って「耳を甘噛みながら情熱的に言う」と熱量も加わり効果に期待できるかもしれません。

  • 【6】これまでにない感動を込めて「こんなエッチ初めて!」

    「初めて気持ちよかったエッチ経験を思い出して言うとよし(笑)」(20代女性)など、過去の経験を回想して言うセリフもあるようです。あえて「なんでこんなエッチができるの?」と疑問符を付け加えると、男性も過去の恋愛経歴を褒められたような気分になり自信がみなぎるかもしれません。

  • 【7】思わず素が出て地元の方言が出てしまう「もう我慢できへん(例・関西弁)」

    「普段は標準語を話しているとサプライズ感を与えられる」(30代女性)など、いつもとは違う面を出してギャップ効果を狙うという声もありました。地元が標準語の場合は「ちょ、気持ちよすぎてヤバい!」など少し砕けた表現をしてみると男性も「本音を聞けた!」と思い自信がみなぎるかもしれません。

  • 【8】パートナーとしての悦びを伝える「一生あなたじゃないとムリ!」

    「本当に相性がよければ『結婚して!』まで言ってもいいと思う(笑)」(20代女性)など、ベッド上で永遠の愛を誓うという意見もありました。正常位など男性の背後に手を回せるポジショニングで「思いっきり抱きしめて言う」と効果が高いかもしれません。

  • 【9】男性に主導権を握らせてあげる「○○君の好きにしていいよ、それが一番気持ちいいから」

    「相手に身を任すといつも以上に張り切ってくれる」(20代女性)など、あえて全てを委ねてみるという意見もありました。「○○君のリードって男らしくて好き」など彼のプレイにことさら同調してあげると男性の気分も向上していくでしょう。

エッチは二人による行為ですが、やはり男性が積極的な方が盛り上がるのかもしれません。普段は恥ずかしくて言えないセリフでもベッドの上は例外として見てもらえやすいので、「もっと激しいの頂戴!」など女性側も大胆になってもいいのではないでしょうか。(東賢志/A4studio)
Photo:All images by iStock