鈍感な男性に「あなたのことが好きなんだよ!」と気づいてもらう決め台詞9パターン


好き好きオーラを出しているのに、なかなか感じ取ってもらえない男性には、どんな言葉を選ぶと恋心を届けることができるのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「鈍感な男性に『あなたのことが好きなんだよ!』と気づいてもらう決め台詞9パターン」をご紹介します。

  • 【1】絶景画像を写メで送って「この景色を一番に見せたかったんだ!」

    「『癒された』と返信がきたので、すかさず食事のアポに持ち込みました」(20代女性)というように、風景写真をダシにコミュニケーションを深める方法です。特別な場所でなくても、「きれいな夕焼け」など日常のひとこまを切り取るだけでセンスが光りそうです。

  • 【2】人生相談を装って「私って恋愛感情、持たれにくいみたいなんだよね」

    「目をじっと見て『オンナ扱いしてくれてる?』と訴えたら、さすがにピンときたみたい」(20代女性)など、あなたが意中の人だと思い切り匂わせる作戦です。熱を帯びた視線や、少し思わせぶりな声色など、言葉だけでなく演出にも気を配りたいものです。

  • 【3】お勧めのバンド名を聞いて「私も聴いてみようかな」

    「『CDあるよ』と貸してくれて、一気に距離が縮まった!」(10代女性)というように、相手の趣味を理解しようとする姿勢で、ただならぬ好意をほのめかすのも一案です。うまくいけば、ライブやフェスに誘ってもらえるかもしれません。

  • 【4】さんざん話し込んだあとに「○○君と一緒にいると楽しい!」

    「『うちらって話が合うよね』としみじみ語ったらハッとしたようです」(20代女性)など、親近感を抱いていることをストレートに表現するのも効きそうです。屈託のない言い方をすれば、素直に「かわいいな」と思ってもらえるでしょう。

  • 【5】身の上話を少ししてから「こういう話、誰にでもするわけじゃないよ」

    「『○○君にはなんでも話せちゃう。なんでかな?』と迫ったら、『俺でも頼りになるのならうれしい』と返してくれました」(20代女性)というように、「あなただけは特別」だと上手にチラつかせる戦法です。話が深刻過ぎると相手も引いてしまうので、加減を考えましょう。

  • 【6】飲み会で盛り上がった晩に「今度は二人で飲みたいな」

    「『なんか似てるよね私たち!』と無理やり納得させたら、恋愛スイッチが入ったようです」(20代女性)など、相性の良さをアピールするのも男心を動かすでしょう。ノリの良い相手なら、流れでいきなりサシ飲みに誘ってしまうのも手です。

  • 【7】サークルの合宿に誘われたときに「○○君が行くなら、行こっかな」

    「『行かないのー?じゃー私もやめるー』と露骨にガッカリしてみせたら、『俺次第なの!?』と驚いてた」(20代女性)というように、イベントの出欠基準を「あなた次第」と理解させ、そこに深い意味を込める戦法です。ただのワガママ女と思われないように、ここぞというときにだけ使いましょう。

  • 【8】彼女の存在を否定する言葉に対して「うそ!絶対彼女いると思った」

    「『やさしいしカッコいいのにどうして?』とグイグイ褒め殺して気づかせた(笑)」(20代女性)など、相手にただならぬ魅力を感じていることを間接的に告げる手もあります。「私だったらほっとかないのに!」とダメ押ししてしまいましょう。

  • 【9】しばらく熱い視線を送った上で「○○君、鈍感って言われたことない?」

    「『もう!鈍いんだから!』とド突いたら、やっとハッとしていた」(20代女性)というように、どこまでも好意に気づかない男性には、あえて苛立ちをぶつけてみるのもアリでしょう。相手が気分を悪くしないように、あくまでも笑顔をキープしながらかわいく責めたいところです。

とことん鈍い男性には、ビシッと殺し文句を投げつけてみると、事態が急展開するかもしれません。男性に刺さりそうな決め台詞を選んで、試してみてはいかがでしょうか。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から5日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock