「うわ、脈アリなの?」と勘違いを招く男性への褒め言葉9パターン


「俺のこと好きなんでしょ」とばかりに、男性から強気なアプローチを受けて戸惑った経験のある人は、もしかしたら「褒め言葉」の使い方に注意が必要かもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に「『うわ、脈アリなの?』と勘違いを招く男性への褒め言葉」をご紹介します。

  • 【1】遠回しな告白だと誤解される「○○なところが好き」

    「つまり全部好きってことじゃないの?」(20代男性)というように、男性の一部分を褒めただけのつもりでも、愛の告白と同じ意味に捉えられる場合があるようです。「やさしいところが好き」など、相手の魅力を説明するような表現は、特に誤解を招きやすいので気を付けましょう。

  • 【2】男性のプライドをくすぐる「頼りになります」

    「尊敬しているとか惚れているとかって意味でしょ」(20代男性)というように、頼りがいがある点に触れただけで、男性に妙な自信を持たせてしまうケースです。手助けしてもらったときの社交辞令であれば、さらっとした口調に留めるのが無難でしょう。

  • 【3】相性バッチリだと思われる「一緒にいると落ち着く」

    「俺のそばにいたいの?とぬか喜びしちゃいます」(10代男性)というように、居心地の良さに言及するのも、「彼女になりたい宣言」だと受け止められる危険があります。誤解を避けたいなら、「まるで女友達といるときみたい」と「友達」のニュアンスを強調しましょう。

  • 【4】恋人立候補と勘違いされる「○○さんの彼女は幸せだろうな」

    「『つまり彼女になりたいってこと?』と思います」(20代男性)というように、男性の恋人を羨むようなセリフも、「それとなく告白している」と勘違いされてしまうようです。実際にそう感じたとしても、しみじみと言うのは控えたほうがいいかもしれません。

  • 【5】好みのタイプ宣言だと確信される「イケメンなのにもったいない」

    「『そう思うなら付き合って』と言いたい(笑)」(10代男性)というように、面と向かって「イケメン」と表現して、問答無用で脈アリを確信させてしまうケースです。変に勘ぐられたくなければ、「しゃべらなきゃねー」などと容姿だけを褒める言い方にしましょう。

  • 【6】抱かれたいの?と誤解される「すごい筋肉ですね!」

    「『セクシー』って言われたも同然ですよね」(20代男性)というように、無邪気に肉体美を称賛するのも、「性的魅力を感じている」と解釈されるリスクがあります。いくら立派なボディでも、まじまじと眺めるのは控えましょう。

  • 【7】デートの誘いだと早とちりされる「グルメですよねー。いいお店教えてください」

    「一緒に食べに行きたいってことでしょ」(20代男性)というように、男性の食通ぶりに興味を示しただけで、デートのおねだりだと早とちりされる場合もあります。「今度、友達と行きたいので…」と前置きすれば、脈ナシを強調できるかもしれません。

  • 【8】女心を刺激したと勘違いする「やっぱり男の子なんだね」

    「僕の『ピュアな少年っぽさ』にやられたのかなと(笑)」(20代男性)というように、親しみを込めて男子的要素を褒めたつもりが、相手をいい気にさせてしまったパターンです。自意識過剰なタイプの男性には「おバカだなー」「ガキだねー」などと突き放した言い方をしたほうがよさそうです。

  • 【9】有頂天にさせる「○○君みたいな人はじめて!」

    「『特別な存在』って言われている気分になります」(20代男性)というように、「はじめて」と表現したことが男性の自尊心を刺激して、勘違いを招くケースです。気を持たせたくなければ、「珍しい」「滅多にいない」など色気のない言葉に置き換えたほうが安全かもしれません。

「男としての魅力」を意識させる言葉は、褒められ耐性のない男性を誤解させてしまうようです。反対に考えれば、今回出てきた褒め言葉は、脈アリの男性にそれとなく好意を伝えるときに使えそうです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計452名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock