「初すっぴん」を披露するとき、彼氏をキュンとさせる一言9パターン


大好きな人にすっぴんを見せるのは、女の子にとってとても勇気が要るもの。とはいえ、「素の自分をさらけだすチャンス」だとポジティブにとらえて言葉を工夫すれば、彼氏の心をグッとつかめるかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性436名に聞いたアンケートを参考に「『初すっぴん』を披露するとき、彼氏をキュンとさせる一言」をご紹介します。

  • 【1】「全然自信ないんだけど…」と顔を赤らめる

    「彼女の秘密の扉を開いたみたいで、なんか嬉しい」(20代男性)というように、「弱い自分」を演出することで男性を萌えさせる作戦です。うつむき加減で恥ずかしそうにすると、「もっといじめたい!」とS系男子のツボを刺激するでしょう。

  • 【2】「これが、ホントの私だよ」と上目遣いで様子をうかがう

    「その素顔、ひとり占めしたくなる!」(20代男性)というように、すっぴんに自信のある人は、「あなたにしか見せない、ホントの私」を強調するのもアリでしょう。ただし、肝心の「素顔」がかわいくないと逆効果になってしまうので、注意が必要かもしれません。

  • 【3】「普段と別人だから見ちゃだめ!」と彼氏の目をふさごうとする

    「抵抗するのがかわいすぎて、抱きしめたくなる」(20代男性)というように、すっぴん公開に至る仕草とセリフだけで彼氏のハートを射抜く上級テクです。たとえ手の隙間から見えるとわかっていても、思いきりぶりっこして彼氏の目をふさごうとしましょう。

  • 【4】「すっぴんでごめん」と恥ずかしそうに顔を隠そうとする

    「『謝るなよー!』ってドキドキする」(20代男性)というように、愛する彼女のいじらしい姿に、軽い興奮を覚える男性もいます。普段勝気なキャラであればあるほど、「ギャップ萌え」の効果を期待できるでしょう。

  • 【5】「これが私の真の姿だ。どうだ!まいったかぁー」とおどける

    「照れ隠しではしゃぐ姿がいい」(10代男性)というように、微妙な状況を笑いに変えるセリフです。場合によっては気まずくなる可能性さえある瞬間を、明るく演出することで「一緒にいて楽しい子」だと思ってもらえるでしょう。

  • 【6】「どうかな…?」と緊張して目をそらす

    「ドキドキがこっちまで伝わってくる…!」(20代男性)というように、女の子の心拍数の高さが、彼氏の胸を熱くさせるパターンです。平然を装うよりも、「心臓が破裂しそう」などと、あえて胸の高鳴りを表現してみてはいかがでしょうか。

  • 【7】「電気消すまであっち向いてて!」とそわそわする

    「嫌がってるところがかわいい」(20代男性)というように、初エッチのタイミングなら、照れからくるツンツンした態度が、萌えにつながることもあるようです。「見ないで!」と焦らせば焦らすほど、「すべてを見たい」という独占欲を掻き立てられるかもしれません。

  • 【8】「大事な人にしか見せないんだからね!」と、とびきりの笑顔を見せる

    「俺ってそんなに特別?ってニンマリ」(20代男性)というように、すっぴん披露の機会を、愛の告白に変えてしまう演出です。メイクを落とした素顔で最高のスマイルを見せれば、「この笑顔は俺だけのもの!」と彼氏をメロメロにできるでしょう。

  • 【9】「大人になってから男の人にすっぴん見せたの、初めて」と照れる

    「マジー?って一気にテンションMAXに」(20代男性)というように、「あなたが初めて」と強調して、彼氏を歓喜させる作戦です。もし家族以外の男性に素顔を見せたことがないならば、使わない手はないでしょう。

「すっぴんを披露する」というできれば避けたいイベントも、工夫次第で二人の絆を深めるチャンスにできるでしょう。(山田うみ)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から10日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock