見た目で「落としやすそう!」というレッテルを貼られてしまう女子の特徴9パターン


悲しいことですが、男性は見た目で女性の「落としやすさ」を判断する傾向にあります。では、男性から「ちょろいな」と甘く見られてしまうのは、一体どんな外見の女性なのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性469名に聞いたアンケートを参考に「見た目で『落としやすそう!』というレッテルを貼られてしまう女子の特徴」をご紹介します。

  • 【1】胸をわざとらしく強調した「セクシーすぎるトップス」

    「エロい服を着てると、誘ってるのかと思っちゃう」(20代男性)というように、谷間を見せつけるような服は、男性に思いもよらない期待を抱かせるようです。網タイツやチューブトップなどのセクシーなアイテムを身につけるなら、色眼鏡で見られることを覚悟したほうがいいでしょう。

  • 【2】いかにもギャル風の「ケバいメイク」

    「派手な見た目の子は遊びなれてそうな気がする」(20代男性)というように、メイクひとつで「遊び相手に最適だ」と判断される場合があるようです。特に付けまつげやゴテゴテのマスカラなど、アイメイクに力を入れ過ぎると、「清楚」よりも「ギャル寄り」に見えてしまうでしょう。

  • 【3】なんとなくだらしなく見える「ぽっちゃり体型」

    「痩せてる子より、ルーズな感じがするし…」(20代男性)というように、体型管理の緩さが、男性へのガードの甘さに直結するという考え方です。根拠のない説ですが、そう考える男性もいることを肝に銘じて行動したほうがいいかもしれません。

  • 【4】キメキメすぎて個性に欠ける「流行のファッション」

    「ミーハーな子は流されやすそう」(20代男性)というように、流行りのスタイルで身を固めることで、「大きな流れに逆らえないタイプ」だと思われることもあるようです。興味のない男性を寄せ付けたくないなら、少し尖ったファッションに挑戦してはいかがでしょうか。

  • 【5】すさんだ生活が垣間見える「傷んだ髪」

    「男日照りっぽい。チャンスがあれば…と思ってそう」(20代男性)というように、髪の手入れが行き届いていないと、「彼氏がいないから押しどきだ」と変な誤解を受けるようです。根元が黒くなってしまった茶髪や、はげかけたマニキュアなども、すさんで見える要因になりそうです。

  • 【6】武装しすぎて逆に不自然な「ひっつめメガネ」

    「『真面目です!』みたいな子は、絶対に男慣れしてない(笑)」(10代男性)というように、男性経験の少なさゆえに、テクニック次第でどうとでもなるだろうと甘く見られるパターンです。本当に男性を遠ざけたいなら、「高嶺の花」と思われるよう、自分磨きをしたほうがいいでしょう。

  • 【7】パンツが今にも見えそうな「短すぎるスカート」

    「体を見せつけてくるってことは…」(20代男性)というように、挑発的なミニスカートを「OKサイン」だと捉える男性もいます。脚の露出が大胆なショートパンツを履くときも、注意したほうがいいかもしれません。

  • 【8】田舎の中学生っぽい「ぶかぶかTシャツにはんぱ丈のスカート」

    「ダサい子は、持ち上げれば乗ってきそう」(20代男性)というように、モテそうにない見た目の女性は「褒め殺しでいける!」と認識されるおそれがあります。少しおしゃれに気を遣うだけで、不謹慎な気持ちで近づいてくる男性が減るのではないでしょうか。

  • 【9】油断とスキだらけに思える「肩からブラ紐」

    「どっか抜けてる子って落としやすいと思う」(20代男性)というように、見た目の武装が不完全だと、精神面での防御力も弱いと思われてしまうようです。パンツスーツなどでデキる女風にキメめれば、外見上は「スキのない女」になれそうです。

遊び慣れていそうに見えると誘いやすく、逆に不慣れだと「押せばいける」と思われてしまうようです。男性を遠ざけるなら、スキのないクールな女を演出するのが一番かもしれません。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年4月28日から29日まで
対象:合計469名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock