「ドン引きしたけど、学ぶべきところもあるかも…」と感心した計算高い女のモテテク9パターン


同性からはとっても嫌われているのに、男ウケだけはバツグンの女性に心当たりはありませんか?たとえ人間性を好きになれなくても、そのたくみな世渡り術には、モテのヒントが隠されているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『ドン引きしたけど、学ぶべきところもあるかも…』と感心した計算高い女のモテテク9パターン」をご紹介します。

  • 【1】胸が開いた服を着て、男性の視線を独占する

    「顔は大したことないのに、男はコロッとやられる」(20代女性)というように、肌を露出した服で注目を集めるパターンです。とにかく男性の気を引きたいのであれば、「好きな服よりエロ目線を意識すべし」と言えるかもしれません。

  • 【2】うるうる瞳の上目づかいで、お願いごとを聞いてもらう

    「頼られた男は『自分に気があるのかな』って勘違いするし、お礼の言葉も過剰なのでさらにモテる」(20代女性)というように、「頼み上手」で男心をくすぐるパターンです。自分はラクしてなおかつモテるのであれば、ある意味一石二鳥のテクニックでしょう。

  • 【3】男性としゃべるときは、声のトーンを使い分ける

    「女子トークでは低い地声なのに、電話応対や男性相手だと甲高い」(20代女性)というように、声で「オンナ」を感じさせるパターンです。露骨に使い分けることに気後れするなら、普段から心持ち「キャピキャピ声」を出すようにしてはいかがでしょうか。

  • 【4】たっぷり時間をかけたメイクなのに「ナチュラル感」を演出する

    「『あの子、ほとんどすっぴんで好印象だわー』とか、騙される男も男ですが…」(20代女性)というように、清楚な見た目をねつ造して、高い評価を得るパターンです。すっぴんの可否はともかく、確かにバッチリメイクは男性に威圧感を与えるので、引き算のメイクを心がけて損はないでしょう。

  • 【5】親密な仲でもないのに、相手と話すときの距離がめちゃくちゃ近い

    「よく見るとおっぱい押しつけてる時もあるから!」(20代女性)というように、物理的に近づくことで、男性をその気にさせるパターンです。さすがにボディタッチまではやりすぎだとしても、気になる男性と会話するときは少しだけそばに寄ってみてはいかがでしょうか。

  • 【6】実はシラフに近いのに、飲み会では酔っ払ったフリをする

    「大して飲んでないのに、『もうダメかもー』とイケメンにしなだれかかったり…」(20代女性)というように、お酒の席で頼りない姿を見せ、男性に構ってもらうパターンです。人に迷惑をかけるのは問題ですが、上手に甘えるきっかけ作りとしては使える手でしょう。

  • 【7】つまらない会話でも「すごーい」「ウケるー」と返す

    「うまい子は、目をキラキラ輝かせながら、しっかり相手のほうを見てやってます」(10代女性)というように、たくみな相づちをくり出し、男性をいい気分にさせるパターンです。コツさえ覚えれば、相手が誰であれ応用できるワザでしょう。

  • 【8】記憶力と気遣いが半端なく、男性の誕生日を忘れずに祝ってあげる

    「『さすが射手座のA型!』とか、どんだけ覚えてるんだよと思います」(20代女性)というように、男性のスペックを把握して、心配りに活かすパターンです。誕生日を祝うとまではいかなくても、周囲の男性の出身地や出身校を覚えておくだけで、会話の糸口にはなるでしょう。

  • 【9】職場や飲み会で自分の弱さを見せて同情を買う

    「個別に『あなただけよ』とこっそり打ち明けるのがミソらしいです」(20代女性)というように、あえて弱みを見せて意中の相手との絆を深めるパターンです。秘密の共有は恋愛に必要な段階でもあるので、親しくなりたい相手に使うのは有効でしょう。

恥ずかしすぎて真似できないものを無理に実践する必要はありませんが、自分にあったテクを取捨選択して上手に取り入れてはいかがでしょうか。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock