「その彼氏、ハズレじゃない?」と突っ込みたくなった理由9パターン


長い間、独り身だった友達にようやくできた彼氏。とはいえ、どうしても祝福できない。むしろ止めたい!と思うのは、相手がどんな男性だったときなのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「『その彼氏、ハズレじゃない?』と突っ込みたくなった理由9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いい歳なのに仕事をしておらず、昼間からぶらぶらしているから

    「デート代はほとんど友達が払っているとか、ヒモかよ!と」(20代女性)というように、彼氏が定職に就いていないパターンです。仕事に明け暮れて忙しい女性ほど、いつでも会いに来てくれる暇男に捕まりやすいので、キャリア志向の友達には注意を促したいところです。

  • 【2】楽器も弾けないのに「武道館ライブが夢」など、明らかに口先番長だったから

    「話を聞くたびに夢がコロコロと変わり、かつ小さくなってゆく」(10代女性)というように、彼氏が大言壮語を吐くパターンです。「何か夢に向かって具体的な努力をしているの?」と突っ込んであげると、友達も目を覚ますかもしれません。

  • 【3】性格が良いと言われたが、容姿や身なりがあまりにもひどかったから

    「そりゃ、いい人なんだろうけど、彼女には不釣り合いすぎて…」(20代女性)というように、彼氏の見た目が残念すぎるパターンです。逆に「目鼻立ちが整っているだけで、中身が空っぽ」という男性もいますが、いずれも少し時間が経てば覚める夢なので放置が無難かもしれません。

  • 【4】聞けば家デートばかりで、体目的だとしか思えなかったから

    「彼女のために何かしてあげるということがひとつもなく、ただの家政婦扱い」(20代女性)というように、彼氏が釣った魚に餌をやらないパターンです。客観的に見てひどいようなら、「あまり大事にされてないんじゃない?」と指摘してあげたほうがよいかもしれません。

  • 【5】年齢が離れすぎていて、友人が遊ばれているように感じたから

    「お父さんの年齢じゃん!とびっくり」(20代女性)というように、彼氏の年齢に無理を感じてしまったパターンです。もっとも、友達のほうが打算的で、「年上彼氏のおカネ」や「年下彼氏の体力」を期待している可能性もあるので、真意をこっそり聞くのもアリでしょう。

  • 【6】「バツイチ子持ちで養育費負担」「実は借金がある」など債務を抱えていたから

    「今はいいかもしれないけど、結婚を考えるような相手ではない時点で悲劇」(20代女性)というように、彼氏の経済力に不安が残るパターンです。もちろん、債務以上にお金を稼ぐ能力のある男性もいるので、早合点は禁物かもしれません。

  • 【7】身内以外には敬意を払えないオラオラ男だったから

    「店員さんに横柄な態度の男で、ドン引きしました」(20代女性)というように、彼氏が傍若無人すぎるパターンです。「でも私には優しいの」という友達には、「将来結婚したら、ああいう対応されるんだよ」と説教したほうがよいかもしれません。

  • 【8】女友達とのLINEすら禁じるレベルの束縛男だったから

    「束縛男はだいたい浮気野郎。自分が浮気をするから彼女のことも信用できないのでは?」(20代女性)というように、束縛が過ぎる彼氏を危険視するパターンです。この手のタイプはストーカー化しやすいというリスクもあるので、早めに友達に警告をしておいたほうがよいでしょう。

  • 【9】素性がよくわからない、ナンパやネットで出会った彼氏だったから

    「よそで何やってる人間かまったくわからないですからね」(20代女性)というように彼氏の正体が不確かすぎるパターンです。もしまだ付き合う直前なら「せめて本名や生年月日、実家を知ってから」とアドバイスしたいところです。

しかしながら恋は盲目。舞い上がった友達には何を言っても聞いてくれないかもしれません。せめて自分がこのパターンに陥らないよう、転ばぬ先の杖として心に留めておきましょう。(熊山 准)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock