「七五三」をスムーズに進める事前準備9パターン


おめでたいわが子の七五三。「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないよう、準備するにあたって気を付けたほうがいいポイントにはどんなものがあるでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「『七五三』をスムーズに進める事前準備」をご紹介します。

  • 【1】子どもの衣裳を誰が用意するのか、半年前には決めておく

    「レンタルでいいと思ってたのに、1カ月前になって姑が『ちゃんと仕立てなさい』と言い出して大混乱…」(30代女性)というように、双方の親の関心を集めやすい「衣裳」については、早い時期から話し合っておくとよさそうです。特に着物の仕立ては時間がかかるので、余裕を持って取りかかりましょう。

  • 【2】夫婦で予算を決めて、どこに力を注ぐのか検討する

    「夫の地元では結婚式場を借りて大々的にお披露目すると言われ、お金も準備も大変だった!」(40代女性)というように、夫婦の出身地域が異なり、対応に苦慮することもあるようです。どのくらいの規模にするか、着物にどれだけお金をかけるかなど、事前にしっかりすり合わせておきましょう。

  • 【3】招待する範囲を明確にし、双方の両親に根回しする

    「独身の小姑が当たり前のような顔でついてきた。お祝いもくれたことがないのに…」(20代女性)というように、祈祷や食事会の席に「誰を招くか」も取り決めておいたほうがよさそうです。自然の流れに任せず、まず自分たちはどうしたいかを考えて、両親に伝えたほうが進めやすいでしょう。

  • 【4】写真館の割引システムを前もってチェックする

    「お宮参りの撮影をお願いした写真館から、早期撮影なら割引というハガキが届いた。かなりお得でラッキーだった!」(30代女性)というように、早期や平日割引を設定している写真館もあります。お参り用の衣裳まで貸してもらえることもあるので、ママ友に聞いたり、ネットで情報を集めてみましょう。

  • 【5】夏に日焼けさせすぎないよう、子どものスキンケアに気を配る

    「夏休みに思いきり海やプールで遊び、真っ黒になったわが娘。せっかくの着物やメイクが似合わず残念だった」(30代女性)というように、日焼けは意外と盲点なので、あとで悔やむ人もいるようです。気になるようなら、写真館での撮影だけは夏前に終わらせるなど、対策を講じましょう。

  • 【6】貸衣裳は早めに押さえる

    「2カ月前にレンタル店に行ったら、気に入った衣裳は全て予約済。焦ってほかを回ったけど、同じ状況でした」(20代女性)というように、地域や店によっては、衣裳の争奪戦が繰り広げられることもあるようです。衣裳を借りると決めたら、店に在庫を確認して、出遅れないように注意しましょう。

  • 【7】事前に「ドレスコード」を決めて参列者にお願いする

    「当日に集まったとき、夫の両親は和装なのに、うちの親は洋装…。気まずい空気になったし、うちの親からあとで散々文句を言われた」(30代女性)というように、参列者の服装を「お任せ」にしていると、思わぬ溝が生まれる恐れもあります。服装については、あらかじめ申し入れをしておきましょう。

  • 【8】当日の交通手段を確認する

    「5人乗りの車に『子どもは膝で大丈夫』と7人詰め込もうとした親たちに唖然」(30代女性)というように、移動手段についても、よく考えておいたほうがいいでしょう。準備でバタバタする当日、両親から「迎えに来て」と言われて戸惑わないように、段取りをまとめておくとよさそうです。

  • 【9】着物でも、履きなれた靴を持参する

    「子どもが着物を苦しがり、草履で何度もつまずいて、不機嫌だったのは計算外」(30代女性)というように、慣れていない格好は子どもにとって大きなストレスになるようです。負担を減らすために、写真撮影とお参りを無理に一日に詰め込まず、別の日にわけてもいいでしょう。

七五三を両家でお祝いするとなると、さまざまな方面に気を配らなければなりません。当日までの流れを頭に入れて、早めから準備に取りかかりましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年7月2日(火)から7月5日(金)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock