義母を喜ばせるつもりが、むしろ地雷を踏んでしまった「誕生日プレゼント」9パターン


「お義母さんに喜んでもらいたい」と贈ったプレゼントなのに、受け取った本人のお気に召さなかった…という残念な経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「義母を喜ばせるつもりが、むしろ地雷を踏んでしまった『誕生日プレゼント』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】リサーチ不足で「義姉とかぶってしまったバッグ」

    「ダンナ経由で『某ブランドの新作バッグ』を欲しがっていると突き止めたまではよかったが、義姉も同じものを用意していた」(30代女性)というように、事前の調査が中途半端なせいで、失敗するケースは多いようです。どうせなら、ほかの親族とすり合わせをしておいたほうがバッティングを防げるでしょう。

  • 【2】本人の申告を鵜呑みにしてしまった「サイズ違いの服」

    「『服は9号』と聞いていたのに、実は13号だったなんて…」(20代女性)というように、義母の「公式サイズ」を信じて衣服を贈ってしまい、気まずい思いをした人もいます。不測の事態を防ぐためには、着る人の体型を選ばないスカーフやマフラーをチョイスするのが無難かもしれません。

  • 【3】趣味じゃないと言われてしまった「自分センスのアクセサリー」

    「『超素敵!』と直感で選んだネックレスをプレゼント。私の前では喜んでくれたけど、あとから旦那に『呪術師か魔女の首飾りみたい』と言っていたらしく、反省…」(30代女性)というように、自分の尺度で「合格」でも、相手の好みに合うとは限りません。普段から義母の持ち物を細かくチェックしておくとよいでしょう。

  • 【4】思った以上に場所をふさいだ「マッサージチェア」

    「肩こりに悩む義母のため、最新式のマッサージチェアを贈ったが、『どこに置いたらいいのか…』と困惑されてしまった」(30代女性)というように、スペースをとる大物のプレゼントは、ありがた迷惑になることもあるようです。義母の住居やライフスタイルを考えた上で検討するようにしましょう。

  • 【5】アレルギーがあるとは知らずに奮発した「特大サイズのカニ」

    「デパートの北海道フェアで毛ガニ・タラバ・ズワイの詰め合わせをゲット。でもお義母さんは甲殻類アレルギーだった…(涙)」(20代女性)というように、食べ物を選ぶ場合は、アレルギーの可能性を確認したほうがいいでしょう。夫が把握していなければ、義父に聞くのがよさそうです。

  • 【6】高価であることがまったく伝わらない「カシミアのストール」

    「自分では買ったこともないような値段のカシミア100%のストールを差し上げたが、量販店のアクリル100%と一緒にされてしまい、微妙な気分に…」(40代女性)というように、値段の高さが伝わらないと、拍子抜けしてしまいそうです。とはいえ、それでも喜んでもらえたのなら、よしとしたいところです。

  • 【7】年寄り扱いするなとムッとされてしまった「健康食品」

    「いつまでも元気でいて欲しいと、テレビでよく見るサプリメントをプレゼントしたが、『もうそんな歳なのね…』と落ち込ませる結果に…」(20代女性)というように、「健康」を考えて送った品物のせいで、思わぬ地雷を踏んでしまうこともあるようです。若く見られたいタイプの義母なら、美容グッズのほうが喜ばれるでしょう。

  • 【8】バーゲンで手に入れたことがバレバレの「ご近所で買ったカーディガン」

    「義母御用達のブティックで、セール品のブラウスをゲット。『これ、狙ってたのよ』と嬉しそうにしてたけど、値引き額はきっと筒抜け…」(30代女性)というように、値段が分かってしまうご近所での購入も好ましくないでしょう。どうせなら、サプライズの意味も込めて義母のテリトリー外で買い求めたほうがよさそうです。

  • 【9】義父母の町では使えない「デパート商品券」

    「有名デパートの商品券を贈ったら、義母の地方では使えず、『気持ちだけいただいたから』と返されてしまった」(20代女性)というように、商品券を贈るなら、「どこで使えるのか」を調べておくのが肝要でしょう。全国共通で使えるものや、義母がよく買う特定商品を対象にした金券が無難かもしれません。

お姑さんへのプレゼントは実母へのものとは違い、気を使うものです。気負い過ぎず、手を抜きすぎず、嫁の株があがるようなものを選びましょう。


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock