「ちょっと待った!」と金銭感覚に疑問を呈したくなる夫の行動9パターン


生活水準に見合わないお金の使い方をする夫の行動に、「節約を台無しにされた!」と腹を立てた経験はありませんか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「『ちょっと待った!』と金銭感覚に疑問を呈したくなる夫の行動9パターン」を紹介します。

  • 【1】「スーパーよりもコンビニが気楽」と、わざわざ高い店で買う

    「スーパーでお酒も買おうと思ったら、『あとでコンビニに寄るからいい』だって。あえて定価で購入する意味がわからない」(20代女性)というように、値段を気にせず呑気に構えている夫には、軽く憤りを覚えてしまうでしょう。ピンときていないようなら、差額を伝えて「ちりも積もれば…」と根気よく諭すしかないかもしれません。

  • 【2】「新しいのが出たから」と、まだ使えるものがあるのに新製品に飛びつく

    「スマホを2年で3回も買い替えた!」(30代女性)というように、新しいもの好きの夫も厄介そうです。衝動買いを食い止めるためには、あらかじめ「年間予算」を言い渡しておき、その範囲内でやりくりさせるといいでしょう。

  • 【3】「やっぱり一流のものでないと」と、生活水準に見合わない高級志向を貫く

    「月収を上回る金額の時計って…。バカなの?」(40代女性)というように、身の丈に合わない買い物で家計を圧迫する夫には、怒りのあまり言葉を失ってしまいそうです。目を覚まさせるには、「今の私、全身4000円のコーディネートだよ」などと現実をつきつけてやるといいでしょう。

  • 【4】「いいからここは俺が払う」など、見栄を張ってついついおごってしまう

    「ベビーベッドを借りたお礼に3万円もご馳走していた。その金額でベッド買えたでしょうが!」(30代女性)というように、友達や後輩に対して気前が良すぎる夫は、いつまた豪勢な気分になってしまうかわかりません。危険な飲み仲間は家に呼んでもてなすなど、予防線を張っておきましょう。

  • 【5】「マイ水筒持ち歩くなんてカッコ悪い」と、行く先々でペットボトル飲料を買う

    「仕事中に毎日2本ジュースを買うとして、月に6000円の出費!?」(20代女性)というように、節約を面倒がるうちに出費がかさんでいる夫もいるでしょう。注意に耳を傾けないようなら、おしゃれな水筒をプレゼントするなど、形から入らせるのも一案です。

  • 【6】「直すよりも買ったほうが早い」と、家電などを修理もしないで買い替える

    「クーラーの効きがちょっと悪くなっただけで、新製品のカタログを集めてた」(40代女性)というように、何でも買って済ませようとする夫も、再教育する必要がありそうです。「一緒にフィルターを掃除してみようか」などと巻き込むことで、楽な道に逃げるのを防いでしまいましょう。

  • 【7】「安いから」と大量に食材を買って、結局使わずに余らせる

    「『超特価だって!』とメロンをまさかの箱買い! 私も子どももそんなに好きじゃないのに」(30代女性)というように、割安感にひきずられた夫の無駄遣いには、イラッとさせられてしまうでしょう。「わが家の食費は1日2000円なんだよ」などと、やりくりの実情をこんこんと訴えて、理解を促すほかなさそうです。

  • 【8】「誕生日じゃないけどホールケーキ食べたくなって」と、気分で買い物をする

    「忘年会でワインが当たった勢いで、ワインセラーを購入。『今は飲みどきじゃない。3年後に飲みたいから』と言われて絶句!」(40代女性)というように、あとさきを考えずに行動する夫にも、ブレーキをかけたいところです。「それさえ買わなきゃ、連休に温泉に行けたのに…」などと、気まぐれをチクリと責めても罰は当たらないかもしれません。

  • 【9】「やっぱり形から入らないと」と、続かない趣味にお金をかける

    「初心者のくせにゴルフセットにいきなり30万円。しかも3カ月で飽きやがって!」(30代女性)というように、三日坊主に終わる道楽のために浪費されてはたまらないでしょう。前科がいくつもあるようなら、これまでトータルでいくらかかったかをつきつけて、「次はない」と釘を刺したほうがいいかもしれません。

育った環境や独身時代の習慣などで身にしみついてしまったお金の使い方は、すぐに直るとは限らないようです。時間をかけてじわじわと現実に直面させ、金銭感覚を見直してもらいましょう。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年7月2日(火)から7月5日(金)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock