ママ友による「強引な勧誘」から身を守る無難な対応9パターン


押しの強いママ友から、子どもの習い事や化粧品などを無理に勧められて困った経験はありませんか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「ママ友による『強引な勧誘』から身を守る無難な対応9パターン」を紹介します。

  • 【1】「夫に相談しないと」などと家族に判断を委ねるふりをする

    「『勝手に決めると怒られちゃうから、ダンナに聞いてみるね』と夫婦間の問題を匂わせば、それ以上は突っ込まれない!」(20代女性)というように、自分一人では決められないことを理由にすれば、時間が稼げそうです。「そんなことも自分で決められないの?」と言い返されても、挑発に乗らないように気をつけましょう。

  • 【2】「参考にするね」などとあいまいな意思表示にとどめておく

    「矯正下着のすごさを説明してくれたママに『勉強になったよ。ありがとう』と感謝の言葉だけかけてお茶を濁した」(40代女性)というように、当たり障りのないリアクションでその場をやり過ごすのも一案です。あいまいすぎて伝わらないときははっきりと断りましょう。

  • 【3】「うちの家計では無理かも」などと経済状態を説明する

    「『貧乏だから難しいかなー』と笑いながら受け流したら、勧めてこなくなった」(30代女性)など、金額的に厳しいことをアピールするのも、ある意味ストレートな「お断り」になりそうです。「ローン組めばいいじゃない?」と切り返されても、「借金は住宅ローンだけで十分!」とシャットアウトする勇気を持ちましょう。

  • 【4】「アレルギーなの」などと体質や環境のせいにする

    「化粧品をさかんにプッシュしてくるので、『敏感肌だからかぶれるかも』と深刻そうにしてみせたら、あわてて口をつぐんだ」(20代女性)というように、健康上の理由をちらつかせて、誘いを退ける手もあります。サプリメントや食品など、口に入れるものを勧められたときには、角が立ちにくい言い訳になるでしょう。

  • 【5】「親戚に関係者がいるので」などと身内の事情を持ち出す

    「『叔母がセールスレディなので、ずっとそこの保険に決めてるの』と断った」(40代女性)というように、親族がらみの理由であれば、相手もさっと引き下がるでしょう。実際に知り合いがいる場合はもちろんのこと、そうでなくても「嘘も方便」で上手に使うと良さそうです。

  • 【6】「おたくのお子さんみたいに器用じゃないから」などと相手を持ち上げてはぐらかす

    「さかんにピアノを勧められたので、『そちらのお嬢さんぐらい素質があれば習わせるんだけど』と残念そうに返したら、割とすんなり納得してくれた」(30代女性)というように、褒め言葉を繰り出しながら、話を逸らすツワモノもいます。習い事や学習教材の誘いは「適性」の問題でかわすのが手っ取り早いかもしれません。

  • 【7】「今はいらないけど、必要になったらお願いするかも」などと結論を先延ばしにする

    「特売で買った洗剤がたっぷりあるから、使い終わったら検討するね」(20代女性)というように、答えを引き延ばす作戦もアリでしょう。あとで「あの話、考えてくれた?」と蒸し返されると困るので、期限や数量は明言しないほうがいいかもしれません。

  • 【8】「昔、親が勧誘でひどい目に遭った」などと過去のトラウマを理由にする

    「『以前、大失敗した父の言いつけで、そういう誘いには一切乗らないようにしている』と冷静に話したら、気まずそうに去って行った」(40代女性)というように、立ち入りにくい事情を前面に出すのも良さそうです。「どんな目に遭ったの?」などと突っ込まれたら、「もう思い出したくないことだから…」と目を伏せてごまかしましょう。

  • 【9】「ずっと続けて使っているものがあるから」などと自分のスタイルをアピールする

    「『化粧水もクリームも手作り派なんだー』と言えば、たいていの人は断念する」(30代女性)というように、独自のやり方を貫いていることを強調する手もあります。「そんなにいいの?」と聞かれたら、今度は逆に「勧誘返し」を試みるのも良いでしょう。

普段から親しくしているママ友からの誘いは、あまりきっぱり断ってしまうと、後々のつきあいに響いてしまいそうです。もっともな理由をつけたり、答えを引き延ばしたりして、やんわりと断る方向に持っていくのが得策かもしれません。(倉田さとみ)


【調査概要】
期間:2013年7月2日(火)から7月5日(金)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock