何をどうしても「アポなし訪問」をやめない義母との付き合い方9パターン


「来訪前には一本ご連絡を」とどんなに頼んでも聞いてくれず、予告なしに突然現れる義母に頭を悩ませている人は意外と多いのではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「何をどうしても『アポなし訪問』をやめない義母との付き合い方9パターン」 をご紹介します。

  • 【1】義母とメル友になり、常に動向を把握する

    「敵のメアドを入手してからは、ちょくちょく連絡を入れ、やってくる日を読み取れるようになった」(20代女性)というように、義母とこまめにやり取りをして、行動をつかんでおくのは賢い方法でしょう。マメな返信が面倒でも、襲撃日さえ察知できれば、わざと用事をぶつけて出かけることも可能になりそうです。

  • 【2】不在がちであることをアピールし、居留守に備える

    「『幼稚園の役員で…』とか、もっともらしい理由を印象付けておけば、いざというときに居留守を使っても、疑われない」(30代女性)というように、日ごろから多忙ぶりを知らしめておくと、どうしても家にあげたくないときに、外出中を装うことができそうです。これを繰り返せば、そのうち連絡を入れてから来てくれるようになるかもしれません。

  • 【3】定期的に電話を入れ、こちらの予定を伝えておく

    「土日のうちに翌週の用事を耳に入れておき、急な訪問を避けている」(40代女性)というように、突然のチャイムに怯える前に、「この日とこの日は留守にしますので」と先手を打つのもありでしょう。実際よりも多めに外出予定をでっちあげれば、襲撃回数を減らすことができそうです。

  • 【4】たまには仮病を使い、お引き取り願う

    「『伝染るといけないから…』と申し訳なさそうに咳込んでみせる」(30代女性)というように、面と向かって不満を爆発させるぐらいなら、体調不良のふりをして追い返しても罰は当たらないでしょう。ただし世話焼きな義母の場合、看病のために引き返してくることもありそうなので、タイプを見極めたほうがよさそうです。

  • 【5】「事前にご連絡いただければ…」と、あきらめずに毎回表情を曇らせる

    「その都度『お電話下さればいいのに…』と困った顔を見せていたら、何回かに1回は知らせてくれるようになった」(40代女性)というように、突然の訪問が迷惑である気配を漂わせ続けていれば、さすがのお姑さんも「迷惑かしら?」と気づいてくれるかもしれません。とはいえその域に達するには、相当な根気が必要でしょう。

  • 【6】「もてなす用意もできなくて」と、終始しょんぼりしてみせる

    「『いつも急だから、お茶菓子の用意もできていなくて…』と、悲しげにしていたら、手土産が豪華になった」(20代女性)というように、本来の目的とはズレたものの、しゅんとしてみせることで、トクした人もいるようです。急な来訪をやむなく受け入れるのであれば、上手に駆け引きしてみましょう。

  • 【7】「ちょうど出かけるところだったんです」と、とにかく長居をさせない

    「外出予定がなくても『今出かけるところで…』と言って、お引き取り願う」(30代女性)というように、タイミングの悪さを演出することで、玄関先で帰っていただくのもいいでしょう。昼寝中など間が悪いときには、「ああもうこんな時間!」とわざとらしく化粧直しでもしてみせるといいかもしれません。

  • 【8】部屋が散らかっていても開き直って上げてしまう

    「以前は苦痛だったし慌てたけれど、腹をくくってどんな状態でもあけっぴろげにしたら、掃除道具持参で来てくれるようになった(笑)」(40代女性)というように、すべて包み隠さず公開してしまうのも、ひとつの手です。もしそれで苦言を呈されるようなら、「でしたらいらっしゃる前に一本お電話を…」と笑顔で応じましょう。

  • 【9】義母の苦手な動物を飼い、足が遠のくように仕向ける

    「猫を飼いだしたら、義母の来る回数がグッと減った」(20代女性)というように、義母の苦手な動物を飼うのは、訪問頻度を抑える効果がかなり高そうです。ただし、リサーチ不足で好きな動物を飼ってしまったら、逆に入り浸りになってしまう恐れがあるのでご注意を。

せっかく来てくれた義母をもてなしたいと思っていても、急な訪問は歓迎しかねるもの。相手を傷つけず、かといってこちらもストレスがたまらないよう、軌道修正してもらう方法を探りましょう。(さとういつき)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock