メールと着信の嵐にウンザリ…。「相談魔」のママ友への賢い対応9パターン


「困ったことがあったら力になりたい」と思っていても、次から次へとメールや電話で相談事を持ちかけてくるママ友には、閉口させられてしまうのではないでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に、「メールと着信の嵐にウンザリ…。『相談魔』のママ友への賢い対応9パターン」 をご紹介します。

  • 【1】電話に出なかったり、メールの返信を間引く

    「メールの内容によっては返信せず、電話も2回に1回は留守電にしていたら、頻度が減った」(20代女性)というように、鈍めのリアクションで相手のペースダウンを図ってみてはどうでしょう。あまり期待をさせないというのも、ある意味親切な対応かもしれません。

  • 【2】忙しさをアピールし、頻繁なやりとりを退ける

    「『ちょっと手が離せなくて!』と通話を切り上げたり、メールの返信もかなり時間を空ける」(30代女性)というように、多忙な雰囲気を醸し出せば、相手のママも不要な接続を遠慮するようになるかもしれません。とはいえ関係を壊したくなければ、「いつもバタバタしててごめんね」と弁解しておいたほうがいいでしょう。

  • 【3】家族に応対してもらい、相手の気勢をそぐ

    「子どもが先に『もしもし』と出ると、話す気が失せるみたい」(30代女性)というように、家族にワンクッション置いてもらうことで、わざと出鼻をくじく作戦もあります。メールの場合は、「最近ダンナのチェックが細かくて」とボヤいておけば、他人の目にさらされる気恥ずかしさから、グンと回数が減りそうです。

  • 【4】来客のふりをして、話を中断する

    「どうにもならないときは、『人が来たから…』と嘘をついてしまう」(20代女性)というように、「嘘も方便」と割り切り、それ以上構うことができない理由をでっちあげてしまうのも手でしょう。長電話を終えられない場合は、家族にインターフォンを押してもらい、音を相手に聞かせることで、「仕方ないか」と思ってもらえるかもしれません。

  • 【5】手応えのない受け答えや返信で、萎えさせる

    「絵文字ゼロで、『了解』とか短いリプライを繰り返していたら、どんどんメールも減っていった」(40代女性)というように、そっけない対応を続けることで、「この人に相談しても無駄」だと思わせるのもアリでしょう。「すごく冷たい人なんだ…」などと噂されないために、実際に会ったときにはにこやかに応対する必要がありそうです。

  • 【6】インターネットのお悩み相談サイトを紹介し、自力での検索をすすめる

    「『結構面白いし、私より役立つよ!』と携帯アプリを紹介したら、そっちにはまってくれた」(20代女性)というように、ほかの解決手段を提示してあげるのもひとつの手です。「別の方法」を示唆することで、「頼りすぎて迷惑だったのかな?」とうっすら感じ取ってもらえるかもしれません。

  • 【7】明るく突っ込んで、返答は避ける

    「しょうもない相談には、『そのぐらい自分で考えんかい!』と絵文字交じりに突っ込んでしまう」(20代女性)というように、頃合いをみてピシャッとはねのけてしまうのも、爽やかな対応でしょう。ただし傷つきやすいママ友だと、かえって面倒な結果を招きかねないので、相手を見極めたほうがよさそうです。

  • 【8】充電がなくなったふりをして、アクセスを切断する

    「あまりにくだらなくて長いやりとりが続いたら、『あ、もう電池がない!』と電源を落とす」(40代女性)というように、物理的にシャットダウンしてしまうツワモノもいます。何かの機会に「バッテリーが古くて…」などと愚痴っておけば、信憑性も増すでしょう。

  • 【9】「そういえば…」と毎回話をそらし、煙にまく

    「相談の途中で『そういえばこの前…』と話題をすり替えていたら、少しずつ距離が開き、付き合いが楽になった」(40代女性)というように、ガマンならなくなってきたら、聞きたくないことを態度で示してみてもいいでしょう。「欲しい答えが得られない」と相手が理解してくれたら、相談者リストからあなたを外してくれるかもしれません。

ママ友との関係を壊したくなくても、頻繁に連絡が入ると、精神的にも疲弊してしまいます。上手な対応で自分の生活を守りつつ、お付き合いも継続したいものです。(さとういつき)


【調査概要】
期間:2013年5月16日(木)から5月18日(土)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock