ケンカの最中、「アンタは子どもか!」と呆れてしまった夫の態度9パターン 


こちらは冷静な話し合いに持ち込もうとしているのに、夫が大人にあるまじき言動を繰り出してきて、思わずドン引きしたことはないでしょうか? そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートの結果を参考に「ケンカの最中、『アンタは子どもか!』と呆れてしまった夫の態度」をご紹介します。

  • 【1】「きーこーえーなーいー」と耳をふさぐ

    「急にわーわー言い出して私の話を拒絶。大人があんなことするの、はじめて見ました」(20代女性)というように、「聞こえないフリ」を動作で示されたら、さすがにカチンとくるでしょう。子どもじみた作戦に振り回されることなく、無表情で見つめ返せば、「あなた、いまバカみたいですよ」と無言の圧力をかけられそうです。

  • 【2】「おまえだってこの前…」と話をすり替えようとする

    「分が悪くなると過去の私の失敗を持ち出す。論点ズレズレなんですけど」(30代女性)というように、勝ち目がないと察知するや抜け道を行こうとする夫には、言葉を失ってしまいそうです。ひととおり聞いてやってから冷静に話を戻せば、ぐうの音も出ないでしょう。

  • 【3】「みんなやってるだろ」と適当な根拠で正当化をはかる

    「夫の言い分は『それが普通』。普通かどうか、いま関係ある?」(20代女性)というように、あまりにアバウトな自己弁護にも、脱力させられてしまいそうです。行き当たりばったりの釈明を繰り返すようなら、話を整理するためにも、曖昧な点をひとつひとつつくことで屁理屈を撤回させましょう。

  • 【4】「おまえとは話にならない」と一方的に終えようとする

    「『いいです、もうなにも言いません』とわざとらしくへりくだって、こそこそ逃亡!」(40代女性)というように、突然コミュニケーションを遮断されたら、拗ねた子どもを相手にしている気分になるでしょう。夫の態度を黙認すると冷戦になりかねないので、おだてたりして発言させるとよさそうです。

  • 【5】「俺が悪いって誰が決めた?」と頑として非を認めない

    「『いつ言ったよ? 何時何分何秒?』って、そのフレーズ、20年ぶりに聞いた…」(20代女性)というように、明らかに非があるのに素直に謝れない夫には、「なんて幼稚なの…」(30代女性)と呆れてしまいそうです。自分の落ち度を重々承知している様子なら、責め立てずに突き放したほうが、自省を促せるかもしれません。

  • 【6】「は? だから何?」とすべてに対して逆ギレで質問返しする

    「『俺がやりましたよ。で?』とふてぶてしい態度。思春期か!」(30代女性)というように、青臭い開き直り方をする夫にも手を焼きそうです。「私の口真似をし始める」(20代女性)など、エスカレートし出したら、「悪いことしたら何て言うんだっけ?」と幼児を諭すような言い方で応戦してやりましょう。

  • 【7】「もういい!」とダンマリを決め込む

    「すぐむくれて沈黙。しかも私が機嫌を取りに来るのを待っている様子。腹立つ!」(20代女性)というように、急に押し黙る卑怯なやり口にも、気持ちを消耗させられそうです。相手が子どもならともかく、曲がりなりにも立派な社会人なので、放っておいても問題なさそうなら、いつも通り振る舞って「大人の対応」を見せつけるといいでしょう。

  • 【8】「くそー!」と唸りながら物に八つ当たりする

    「奇声を発しながらソファを拳でドスドス! 人間なんだから言語を使ってください」(30代女性)というように、うまく反論できないからと癇癪を起こされたら、驚きを通り越して、恐怖を感じかねません。「不満があるなら言って」と追い詰めずに、そっとしておくほうが安全かもしれません。

  • 【9】「どーもすいませんでしたー」と口先だけで詫びる

    「妙な抑揚で『ごめんなさーい』と。会社でやってないか、心配になりました」(40代女性)というように、反省の色がまったく見られないような謝罪を向けられたら、余計にイラッとさせられそうです。こちらの主張に不満があるのは明白なので、言い分を聞き出すなど、徹底抗戦を挑んでやりましょう。

呆れる程度なら放置してもよさそうですが、目に余る態度は、折りを見て冷静に指摘したほうがよさそうです。たとえ喧嘩になっても建設的な話し合いができるよう、「大きな長男」を育てるつもりで、辛抱強く接するしかないのかもしれません。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2013年7月2日(火)から5日(金)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock