ささいなことでケンカしたあと、夫と自然に仲直りする方法9パターン


夫婦の間で、ささいなケンカはよくあること。しっかり話し合うほどでもない小さな理由で揉めてしまったら、どうすれば手軽に仲直りできるでしょうか。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケートを参考に「ささいなことでケンカしたあと、夫と自然に仲直りする方法」をご紹介します。

  • 【1】直接会話するのを避けて、メールで謝罪する

    「口を開けばヒートアップすることはわかっているので、しばらくお互い黙ります。で、私が悪いと思ったら、携帯メールで謝る!」(20代女性)というように、顔を合わせると素直になれない場合、文字で想いを伝える人は多いようです。「メールなんてダメ」と決めつけず、まずは心を通わせることを第一に考えましょう。

  • 【2】普段通りに振る舞いながら、ふいに「なんか飲む?」と声をかける

    「どちらからともなくコーヒーをいれて、『あなたもいる?』と確認するのが普通の会話に戻るきっかけ」(30代女性)というように、さりげない間をはかり、いつものテンションに引き戻すのもいいでしょう。どうしても腑に落ちないことがあれば、二人で何か飲みながら、ゆっくり話し合うといいかもしれません。

  • 【3】本音はともかく、ひどく落ち込んでいるふりをする

    「ずっとうなだれて辛そうにしていると、だいたい旦那から謝ってきてくれる(笑)」(40代女性)というように、感情的に怒るのではなく、沈んだ様子を見せることで、相手が折れるのを待つのも手です。どうせやるなら恥ずかしがらず、夫にわかりやすいように演じ切りましょう。

  • 【4】バラエティ番組にチャンネルを合わせ、お笑いモードに空気を変える

    「ドライブ中なら、初デートの思い出の曲をかけて甘いムードに持ち込む(苦笑)」(30代女性)というように、強制的にその場を明るい雰囲気に演出するのもいいでしょう。ぬいぐるみを自分のかわりにして、「仲良くしようよー」と訴えてもよさそうです。

  • 【5】直接謝らなくても、夕食に好物を出すことで気持ちを伝える

    「言い過ぎたなと思ったら、心を込めて特製カレーを作ります」(30代女性)というように、食べ物を介して和解を試みるのもアリでしょう。「ケーキを食べれば、機嫌がよくなるのに…」などと小声でつぶやき、夫が買ってきてくれるのを待つのもよさそうです。

  • 【6】差し向かいで話すのではなく、全然関係ないことをしながら「ゴメン」とつぶやく

    「お皿を洗いながら、『このままじゃ気まずいよねー』と口火を切ったら、夫が『そうだよね』と同意…みたいなことは、よくあります」(30代女性)というように、何気なく話しかけて、夫の返答を誘うのもいいでしょう。顔を見なければ、案外、素直に思ったことを言えるかもしれません。

  • 【7】「私も悪かったと思ってるんだけど…」と独り言をわざと聞かせる

    「犬に向かって、聞こえよがしに『私も感情的になりすぎたかなあ』と本音をもらす」(30代女性)というように、自分の気持ちを間接的に伝える策士もいます。それでも夫が無反応なら、「あの人はどう感じてるのかなあ」とさらに大声でぼやいてみましょう。

  • 【8】子どもとしゃべりながら、「パパはどう思う?」と巻き込んでしまう

    「いちいち謝ってたら身が持たないから、『週末みんなはどこに行きたい?』といつも通りに話します」(30代女性)というように、家族の会話に夫を引き込んでしまえば、ケンカもなかったことになりそうです。自分で話を振りにくければ、「パパに聞いてみて」と子どもに橋渡し役を託してもいいでしょう。

  • 【9】翌朝、何もなかったかのように「おはよう」と言う

    「一晩寝ればスッキリ。翌日までケンカを持ち越さないのが、わが家のルールです!」(30代女性)というように、暗黙の決まりを作っている夫婦もいるようです。今からでも遅くはないので、ちょっとしたケンカが続くようなら、ふたりでルールを設けてみましょう。

ささいなケンカでも、時間が経てば経つほど、お互いに嫌な気持ちが募っていくもの。変な意地を張らず、早めに手を打って、楽しい時間を過ごしましょう。(佐々木恵美)


【調査概要】
期間:2013年7月2日(火)から7月5日(金)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo: All images by iStock