「この人と同じお墓に入るのは嫌かも…」と夫に嫌悪感を抱いた瞬間9パターン


夫の心ない態度を目の当たりにして、思わず「一緒のお墓に入りたくない」と感じたことのある妻は多いようです。そこで今回は、20代から40代の既婚女性500名に聞いたアンケート結果を参考に、「『この人と同じお墓に入るのは嫌かも…』と夫に嫌悪感を抱いた瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いまだに元カノの写真を持っているのを発見したとき

    「PCのフォルダに元カノとの写真を見つけてしまい、嫉妬よりも女々しさに呆れました」(20代女性)というように、それこそお墓にまで過去の思い出を持って行きそうな夫の行為にはがっかりさせられるでしょう。とはいえ、単にデータ消去を忘れているだけかもしれないので、怒る前に確認してみるとよさそうです。

  • 【2】義母との揉め事で味方になってくれなかったとき

    「『食洗機なんて必要ない!』と責める義母を止めるでもなく、横で笑っていた夫。ダメだコイツと思いました」(30代女性)というように、嫁姑のイザコザに際して心中を理解してくれない夫には、気持ちが冷めてしまうでしょう。「あなたが私の父から嫌みを言われたらどう思う?」と立場を置き換えて想像させると少しはピンとくるかもしれません。

  • 【3】「どうせ子どもとゴロゴロしているだけだろ」と育児の苦労を軽んじられたとき

    「『子どもなんてほっといても育つじゃん』ってどんだけお気楽なの?」(30代女性)というように、当事者意識がないばかりか、努力に寄り添ってくれない夫がパートナーでは、お墓どころかこの先の子育てに不安を感じてしまいそうです。たまには丸一日子守を任せて、大変さを理解させましょう。

  • 【4】人前で「うちの妻は料理が下手で」と貶められたとき

    「初対面の相手に『素材の味を台無しにするヨメです』と紹介され、頭の中が真っ白に…」(20代女性)というように、尊厳を傷つける物言いをする夫には、心が凍り付いてしまうでしょう。たとえ冗談や謙遜だとしても、「傷ついた」とはっきり訴えたほうがよさそうです。

  • 【5】浮気を「男の甲斐性」と開き直られたとき

    「女性とのゴルフ旅行が発覚し、『モテないよりモテる夫の方がいいだろ?』とうそぶいた夫。別れはしなかったが、お墓は絶対別にしたい」(40代女性)というように、一定ラインを踏み越えた夫に対してわだかまりを消せないこともあるでしょう。それでも一緒にいると決めたのであれば、「この人は私のATM…」と割り切ったほうが精神衛生上マシかもしれません。

  • 【6】仕事でクタクタなのに「飯まだ?」と吐き捨てるように言われたとき

    「共働きなのに家事の9割は私が担当。ゴミ捨てぐらいで『俺って偉いだろ』とか威張るな!」(30代女性)というように、「してもらう」のが当然だと思っている夫には、不満が募ってしまいそうです。単に自覚がないだけなら、どこかのタイミングでこんこんとお説教したほうがいいかもしれません。

  • 【7】「誰のおかげで食えてるんだ」と恩を着せられたとき

    「『黙ってご主人様に従えよ!』って、妻を何だと思っているのか…」(20代女性)というように、「稼ぎがあるから偉い」と言わんばかりの態度には、感謝より嫌悪感が芽生えてしまいそうです。専業主婦の妻なら、こっそりへそくりを貯めて溜飲を下げるか、いっそ働きに出て経済的な自立を目指すのもよさそうです。

  • 【8】実家の悪口を言われたとき

    「何かにつけて『それってお前の田舎特有の考え方だよな』と茶化す夫。不愉快です」(20代女性)というように、出身地や生い立ちを引き合いに出して小バカにする夫には、愛を誓ったことも忘れて憤りを覚えるかもしれません。許し難いと思うなら、真正面から「侮辱しないで」と反論したほうがいいでしょう。

  • 【9】体調が悪いのを「怠けている」とあしらわれたとき

    「『妊娠は病気じゃない』とつわりがひどい私をこき使ったことを一生忘れません」(30代女性)というように、体の具合がすぐれないときのひどい仕打ちは、何年経っても許せないでしょう。口で伝えないと分からない男性もいるので、「今の態度はないんじゃない?」とその都度指摘したほうが伝わるかもしれません。

大好きなはずの夫の思わぬ一面を見てしまい「お墓まで一緒は嫌!」と思ったことのある妻は多いようです。まずは不快に思う気持ちを伝えることから、改善を図ってみてはいかがでしょうか。(さとういつき)


【調査概要】
期間:2013年6月8日(土)から6月12日(水)まで
対象:合計500名(20代、30代、40代の既婚女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock