LINEで「脈なし」と判断すべき男子の態度9パターン


今やLINEは日常に欠かせない連絡ツールですが、無料で気軽に使えるだけに、そこでの何気ない態度ひとつで「どの程度相手に好かれているのか」を判断することができそうです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「LINEで『脈なし』と判断すべき男子の態度」をご紹介します。

  • 【1】土日になると「既読」にすらならない

    「彼女といるときはケータイ見ないってことでしょ」(20代女性)というように、休日のレスが遅い男性は、特定の相手がいると考えたほうがいいかもしれません。ただし、登山など電波が圏外になりうる趣味にハマっている場合もあるので、確認する必要はあるでしょう。

  • 【2】「単語だけ」など、返信がそっけない

    「返信が毎回短いのは、自分に興味がない証拠」(20代女性)というように、いくらレスが早くても内容がそっけない場合は、「見込みなし」と思ったほうがいいようです。ただし、チャット感覚で短文を何通も送るスタイルの男性もいるので、やり取りが長く続く場合は、その限りではないでしょう。

  • 【3】「既読スルー」の時間が異様に長い

    「返事が2日後とか、完全にどうでもいいと思われてるでしょ(苦笑)」(20代女性)というように、既読になってから返事が来るまで時間がかかる場合は、単に「暇つぶしの相手」にされている可能性もあります。とはいえうっかり返信を忘れることもあるので、一度や二度で判断するのは早計でしょう。

  • 【4】こちらに質問する気配がない

    「メッセージに『?』がないと、ダメかもしれないと思う」(20代女性)というように、質問は自分への関心の高さと比例するため、何も聞かれない場合は「脈なし」と考えたほうがいいかもしれません。こちらから質問する一方であれば、あまり期待を持ちすぎないのが賢明でしょう。

  • 【5】食事の誘いを曖昧にはぐらかす

    「断らないけど『うん』とは言わないんだよね…」(20代女性)というように、食事や遊びの誘いに即答しない男性は、アプローチを迷惑に感じているおそれがあります。仮に断られても「今忙しいから来週以降なら…」などと代案を出してくるほうが、よほど希望を持てそうです。

  • 【6】スタンプに対してリアクションがない

    「用事がないと返事くれないってことね(苦笑)」(10代女性)というように、急を要さないスタンプなどに対して反応がないのは、「用件以外のメッセージは交換したくない」という意志の表れかもしれません。ただし、大人の男性なら「スタンプで感情のやり取りをする習慣がないだけ」ということも考えられるでしょう。

  • 【7】返信する時間が大体決まっている

    「デートの隙間時間にまとめて返信してそう」(20代女性)というように、毎回同じ時間帯に返事が来る場合は、少なくとも「特別扱いはしてもらっていない」と考えたほうがいいでしょう。ただし仕事上「休み時間にしかケータイに触れない」というケースもあるので、少し探りを入れてもいいかもしれません。

  • 【8】メッセージ交換をしていたのに電話をすると出ない

    「女子からの着信に出にくいってことは…」(20代女性)というように、相手が電話に出ない場合は、何かしら「話せない理由」があると考えるべきでしょう。何度かその状況が続くようなら「ごめん、誰かと一緒だった?」とストレートに切り込んでみてもいいのではないでしょうか。

  • 【9】かわいいスタンプをやたらと持っている

    「男相手にかわいい絵は使わないでしょ」(10代女性)というように、女子ウケするキャラもののスタンプを何種類も持っている男性は、「それを送る相手がいる」と疑ったほうがよさそうです。もちろんウケ狙いというケースもあるので、「そのキャラ好きなの?」などと質問してみてもいいでしょう。

返信の間隔やリアクションは、男性の好意を探るひとつの目安になるようです。淡い期待を抱き続けるよりも、どこかのタイミングではっきりさせたほうがいいかもしれません。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年4月28日から29日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock