本命になれない「二番手女子」の残念な特徴9パターン


好きな相手といい雰囲気になることはあっても、「本命の彼女」として扱われることなく終わってしまう…。そんな悩みを持つ「二番手女子」には、どうやら共通のマイナスポイントがあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性436名に聞いたアンケートを参考に「本命になれない『二番手女子』の残念な特徴」をご紹介します。

  • 【1】男友達が多く「自分だけが特別」と感じられない

    「自分も取り巻きの一人なんじゃないかと思ってた」(20代男性)というように、男友達がたくさんいる女性は、特定の相手に対してスペシャル感を演出するのが難しいかもしれません。「あなただけ」と言葉にして伝えるなど、少し積極的なアプローチが必要でしょう。

  • 【2】甘え下手で、可愛げが足りない

    「全然頼ったりしてこないから、男としては物足りないかも(苦笑)」(20代男性)というように、「男らしさ」に自分の価値を見出すタイプの人は、男気を発揮する場を彼女に求めるようです。彼にとって居心地のいい相手になれるよう、ときには悩みを相談したり、頼みごとをしたりしてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】恋愛体質で、精神的に重そうである

    「過去の恋バナを聞いて、付き合ったらヤバそうだとげんなり…」(20代男性)というように、恋愛にのめり込む癖のある女性を意識的に避けるケースです。仕事や趣味が充実していて、「恋愛なんて面倒くさい」と感じている男性もいるので、恋愛観について語るときは気を付けたほうがいいでしょう。

  • 【4】自己主張が控えめで、熱い気持ちが伝わらない

    「本当に好きでいてくれてるのか、ちゃんと言ってくれないとわからない」(20代男性)というように、ただ思っているだけでは、鈍感な男性には十分気持ちが伝わらないこともあるようです。何度もプッシュする必要はありませんが、一度はきちんと告白するようにしましょう。

  • 【5】フレンドリーすぎて「いい友達」になってしまう

    「親友になると恋愛対象から外れちゃう」(10代男性)というように、親しくなる方向性を間違えると、「仲は良いのに一生そのまま」という蛇の生殺し状態にもなりかねません。アネゴ肌だったり、男勝りな性格の女性は、意中の男性の前だけでも「女子」な部分を見せていってはいかがでしょうか。

  • 【6】引っ込み思案でネガティブな考え方をする

    「彼女にするなら明るい子がいい」(20代男性)というように、付き合う相手に社交性やポジティブな考え方を求める男性は多いようです。性格はすぐに変えられるものではありませんが、飲み会やコンパに参加していくうちに、少しずつ場馴れしていけばいいでしょう。

  • 【7】恋愛経験が豊富で男子に引け目を感じさせてしまう

    「オレの手には負えないやと最初から手を挙げません(苦笑)」(20代男性)というように、あまりにも多様な恋愛遍歴を重ねていると、男性を気後れさせてしまうかもしれません。過去の恋愛について聞かれても、曖昧にはぐらかしておくのが賢明でしょう。

  • 【8】見た目に気を遣わず、女子力が低めである

    「ガサツな子はちょっとイヤかも」(20代男性)というように、世の多くの男性はある程度の「女らしさ」を求めるようです。デートのときだけでもスカートをはいたり、香水をつけたりすると、思ったよりも簡単に女子力の高さを演出できるのではないでしょうか。

  • 【9】恋するあまり、何でも相手に合わせすぎる

    「最初はいいかもしれないけど、魅力的じゃない」(20代男性)というように、自分に合わせてくれる女性に対して「異性として魅かれるものがない」と感じる男性もいるようです。本命になりたければ、多少意見が違っても自分らしさを見せていく勇気が必要かもしれません。

気安い関係になりすぎて恋愛感情が遠のいたり、過去の恋愛のせいで気後れさせてしまったり。男性のタイプによって「二番手止まり」になる理由は様々です。この9パターンの中に自分に当てはまる原因がないか考えてみましょう。(小倉志郎)


【調査概要】
期間:2014年6月3日から10日まで
対象:合計436名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock