同僚男性からの「脈ありサイン」が本物かどうか確かめるための行動9パターン


男性からの「脈ありサイン」に気づいたら、とりあえず何らかの手段で真意を確かめたいもの。とはいえ、相手が職場の同僚であれば、もし勘違いだったとしても気まずくならないよう、細心の注意を払う必要があるでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「同僚男性からの『脈ありサイン』が本物かどうか確かめるための行動」をご紹介します。

  • 【1】チラチラと視線を送り、頻繁に目が合うか試す

    「脈ありなら、私をチラ見してるはず!」(10代女性)というように、尋常でなく視線が合うなら、本物である確率は高いでしょう。ただし、相手にその気がなかった場合、「俺に気がある!?」と変に意識されても面倒なので、反応が微妙なときはほどほどでやめておきましょう。

  • 【2】業務メールに少しだけ私信を混ぜ、反応を見る

    「スルーしてもいい内容に返事をくれたら、期待しちゃう」(20代女性)というように、メールを使う方法なら、周りに知られずに真意を確認できそうです。質問形式でないほうが、来た返信が「わざわざ」なのかそうでないのかがわかりやすいでしょう。

  • 【3】休憩時間を一人で過ごすなど、話しかけられやすい状況を作る

    「スマホをいじって暇そうにしていれば、なんか言ってきてくれるかも…」(10代女性)というように、こちらからは働きかけずに、きっかけを作って相手の出方を待つ方法です。結局なにも起こらなくても、一見ただの休憩なので恥をかく心配もなさそうです。

  • 【4】男性の好みのタイプや恋のウワサを、周囲にリサーチする

    「同僚や先輩に相手のことをそれとなく尋ねて、判断材料にする」(20代女性)というように、プライベートな情報は大きな手がかりになるでしょう。不特定多数の人々を話題に挙げれば、その男性を探っていると気づかれないかもしれません。

  • 【5】雑談を装ってプライベートな質問をし、彼女の有無を探る

    「『夏休みはどこか行った?』から始まって、徐々に恋愛事情に迫る!」(10代女性)というように、「女性の存在」を暴けたら、確認の精度はぐっと高まりそうです。一方的に質問して相手に警戒されないよう、自分の話も適度に披露しましょう。

  • 【6】仲のよい同僚女性に頼んで、冷静な判断を下してもらう

    「全部が『脈ありサイン』に思えてきて…。ランチ仲間にどう思うか聞きました」(20代女性)というように、第三者に意見を求めるのもよさそうです。とはいえ、相談相手がおせっかいなタイプだと、勝手に仲を取り持とうとする危険があるので、キャラを見極めたほうがいいでしょう。

  • 【7】残業に付き合うフリをして二人きりになり、隙を見せる

    「夕食のこととか、仕事以外のやりとりを自然にできる残業は、相手を知るチャンス!」(20代女性)というように、男性と一緒にいる時間が長くなれば、何かしらヒントを得られるかもしれません。「残業中によくある会話」に終始すれば、本来の目的がバレる危険も少ないでしょう。

  • 【8】自分が現在フリーであることをそれとなくアピールする

    「彼氏ナシだとほのめかす。脈ありならこっちの意図に気づいてくれるのでは?」(20代女性)というように、男性に好意があるなら、「踏み込んでOK」だと知らせてもいいでしょう。とはいえ、あくまで世間話の流れで伝えて、思い過ごしだった場合の保険は残したほうがよさそうです。

  • 【9】「仕事の相談」にかこつけて、ランチに誘う

    「表向きの理由を作って社外で話す状況を作れば、かなり本心に近づけそう」(20代女性)というように、会社から離れることで見えてくるものもありそうです。元々は「脈あり」でなかったとしても、会話が弾めばいい関係に発展させられるかもしれません。

用心深く事を進めることが大切だとはいえ、本心を知りたいなら、押しの強い行動も必要かもしれません。様子を見ながら、少しずつ大胆な策を講じるといいでしょう。(安藤美穂)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo: All images by iStock