カフェが苦手な彼氏でも、「こんなお店なら行きたい」と思える条件9パターン


オシャレなカフェでのんびりおしゃべりを楽しむのは、女性にとって幸せな時間のひとつ。しかし、男性のなかには「カフェデート」が苦手だという人も多いようです。そこで今回は、10代から20代の独身男性452名に聞いたアンケートを参考に、「『カフェ』が苦手な彼氏でも、『こんなお店なら行きたい』と思える条件9パターン」をご紹介します。

  • 【1】ネルドリップやサイフォンなど、本格コーヒーが楽しめるこだわりのカフェ

    「本物のコーヒーが飲めるなら一人でも通う」(20代男性)というように、コーヒーに一家言ある「通」な男性は、オシャレさよりも飲み物の味を重視するようです。淹れ方や豆の焙煎にこだわりのあるカフェを選べば、彼氏も満足してくれるかもしれません。

  • 【2】ガヤガヤしておらず、静かで落ち着きのある隠れ家的なカフェ

    「どこにでもあるチェーン系カフェは混んでるから苦手」(20代男性)というように、街中のカフェの混雑ぶりに辟易している男性は少なくないようです。誰でも知っている有名店は避け、穴場の名店に誘えば、彼氏もリラックスしてお茶を楽しめそうです。

  • 【3】テラス席があって景色が楽しめる、風光明媚な自然のなかのカフェ

    「ドライブ中に良い店があったら、気分よく休憩できそう」(20代男性)というように、郊外にある「自然を満喫できるカフェ」に興味を持っている男性は多いようです。ドライブデートの中間地点として、気になるお店の目星をつけておくとよさそうです。

  • 【4】料理が美味しく、値段に納得できるコスパに優れたカフェ

    「カフェの食べ物は割高でイマイチなのが嫌だ」(20代男性)というように、いわゆる「カフェ飯」に物足りなさを感じている男性は多いようです。フードメニューが評判の店を選ぶか、ほかのレストランで食事をしたあとに、お茶メインでカフェを利用すれば不満も出にくそうです。

  • 【5】「猫」や「メイド」など、コンセプトがはっきりしていて面白いカフェ

    「その場所にいるだけで楽しめそう」(20代男性)というように、飲食以外の付加価値があるカフェを選べば、男性もアトラクション的に楽しめるようです。「旅カフェ」や「朝食カフェ」など、ユニークなコンセプトの店を探し歩くのも面白そうです。

  • 【6】そこでしか食べられない特徴的な目玉メニューがあるカフェ

    「話の種に一度は行ってみたい」(20代男性)というように、「究極のパンケーキ」や「巨大なパフェ」といったわかりやすい目玉があるカフェなら、男性も足を運んでみたくなるようです。「これ食べてみたくない?」と気を引いて、上手に誘うといいでしょう。

  • 【7】女性客ばかりでなく、男性客でも賑わっているカフェ

    「自分みたいなむさくるしいタイプは浮いてしまいそう…」(20代男性)というように、女性に人気のあるカフェに居心地の悪さを感じる男性もいます。センスの良い男性客も集まるお店を選べば、そんな気まずさは解消できるでしょう。

  • 【8】圧倒的なオシャレさでぶっちぎりの非日常を味わえるカフェ

    「客層を眺めてるだけで、結構面白そう」(20代男性)というように、流行の発信源になっているような最先端のお店を選ぶと、カフェに興味がない男性も観光感覚で楽しめるようです。店内のオシャレポイントについて細かく解説してあげると面白がってくれそうです。

  • 【9】昔ながらの純喫茶のような、昭和的レトロさが楽しめるカフェ

    「なんだかんだいって落ち着く」(20代男性)というように、今では希少になった「純喫茶」は、昔懐かしいレトロ系カフェとして男性も馴染みやすいようです。ただし、オシャレさは期待できない可能性が高いので、時と場合に応じて使い分けるとよいでしょう。

男性が「カフェ」に求めるポイントは、女性の好みとは異なるようです。せっかくカフェデートをするなら、お互いが納得できるお店を選びたいものです。(呉 琢磨)


【調査概要】
期間:2014年4月26日から5月3日まで
対象:合計452名(10代、20代の独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査
Photo:All images by iStock